ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第21回小説すばる新人賞 受賞作:魚神/千早茜

魚神 (203x290)
(あらすじ)
夢喰いの獏、雷魚などの伝説が残る遊郭栄える島で、本土を追われた人々は自治組織を作り、独自の文化を営んでいる。この島で捨て子の姉弟として育った白亜とスケキヨ。一方は遊女として、一方は男娼として、悲運のままに堕ちていく二人が迎える結末とは……。

answer.――― 83 点
ヤンチャな思春期を過ごした従兄がいるのだが、イジメがエスカレートしてバットで撲殺してしまった、とある少年事件を見て「素手で喧嘩したことねえんじゃねえの?」とつぶやき、その心を訊いてみると「殴ると痛いんだよ、自分の拳も」と返され、「殴り過ぎでしょ!」「だから、(次は)その前に止めるだろ」「ああ、なるほど」と頓智をかけられた気分に陥った記憶があるが、体験から得られる事実が世の中にはごまんとあるもの。本作は第21回小説すばる新人賞、第37回泉鏡花文学賞のW受賞を果たした千早茜のデビュー作。その概要は、娼館溢れる島で「売られる」ために育てられた美しい姉弟・白亜とスケキヨの、島の伝承交えたファンタジックな顛末。一読して実にセンチメンタル、感傷的な印象を受けた。女にしか書けない―――転じて、女になってみないと書けない文章があると思うが、著者の筆はまさにそれで、後に連作短編集『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞するところからもそれは裏付けられるだろう。「女になってみないと書けない」―――これの意味するところは不合理、不条理といった内容を含めた諦観にも似た《停滞》が現れ、文章として刻まれることだと思う。それは内省的で、《動く》こと=進展することが《面白い》と感じるエンターテイメントの本質からすると退屈と隣り合わせの厄介な代物だが、著者は《停滞》を《耽美》へと昇華し、エンターテイメントとして成立させているのが素晴らしい。作中のハイライトは、島の用心棒・蓮沼が童女ハナへ包丁突き刺し教育する場面を挙げたい。上述の《停滞》と相反する、作中でも指折りの《動く》場面ながら、酷薄な世界観を同質に表現した著者のセンスが光る。また、作中、白亜が涙を流す場面があるが、そこに神秘を見い出せるのも注目したいところ。これこそ、男には描けないだろう。『魚神』という世界を覗く一冊。『物語』をある種必要としない、希少な筆を著者は持っている。デビュー作として大変秀逸なので、【推薦】させて頂きます。

第21回小説すばる新人賞 受賞作:魚神/千早茜  【推薦】

category: た行の作家

tag: OPEN 80点 小説すばる新人賞 千早茜 推薦

[edit]

page top

« 第22回小説すばる新人賞 受賞作:桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ  |  第23回小説すばる新人賞 受賞作:たぶらかし/安田依央 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1277-51d84c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top