ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第22回小説すばる新人賞 受賞作:桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ

桐島 (216x290)
(あらすじ)
映画化大ヒット青春小説!バレー部のキャプテン・桐島の突然の退部が、5人の高校生達に波紋を起こして……。至るところでリンクする、17歳の青春群像小説。

answer.――― 60 点
朝井リョウというと遊び心くすぐられる名タイトルな本作『桐島、部活やめるってよ』が代名詞となっていると思うが、個人的にはいつだったか情報番組『王様のブランチ』での和田竜、中村文則、川上未映子、西加奈子、そして、朝井リョウという旬な作家たちを集めての座談会での放言の数々を思い出す。その放言がどんなものだったかは各自調べて頂きたいが、私が一番興味を惹かれたのは「色んな評価体系が全部自分に来たら凄く良くないですか?」という世界の中心で「朝井リョウ!」と叫ぶ自信である。一点の曇りもなく、朝井リョウは自分が《面白い》作品を作っていると思っている。事実、彼は本作で小説すばる新人賞、『何者』で直木三十五賞、『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞と受賞し続け、ベストセラーを世に出し続けている。この《結果》を考えれば、彼は間違いなく《面白い》作品を作っている……わけだが、果たして、彼は本当に《面白い》作品を作れているのだろうか?《結果》は麻薬だ。《結果》を出してしまうと、自己否定出来なくなってしまう。徐々に下がる売上をどう受け止める?突如としてまったく売れなくなったとき、どういう結論に辿り着ける?「俺は面白い!」―――そんな 無意識下の『前提』が、いつの間にか着せられていた道化の衣装をいつまでも脱がせてくれなくなる。本作は表題通りのイベントをキッカケに揺れ動く高校生たちをそれぞれの視点で描く。肝心の桐島が本編中で視点を持っていないのが実験的と云えば実験的な仕掛け。朝井リョウが大学在学中に投稿した事実から分かるように、当時代の思春期迎えた若者(たち)の現在、そして、感性をダイレクトに触れられる(た)のが本作最大の見所。たとえば「チャットモンチー」をファッションな《記号》として扱っているのは個人的に興味深かった。何にせよ、生もの的な作品。朝井リョウは作品そのものより作家という《人間》、観察対象として追っていきたい作家の一人です。

第22回小説すばる新人賞 受賞作:桐島、部活やめるってよ/朝井リョウ

category: あ行の作家

tag: OPEN 60点 朝井リョウ 小説すばる新人賞

[edit]

page top

« 2017年1月のレヴュー更新(まとめ)  |  第21回小説すばる新人賞 受賞作:魚神/千早茜 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1278-71e575d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top