ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第4回酒飲み書店員大賞 受賞作:ファイティング寿限無/立川談四楼

ファイティング寿限無 (201x290)
(あらすじ)
落語家が突然にボクシングを始めた。きっかけはケンカ。オレにはファイターの素質があったのか!?師匠の言葉「売れるためには、まず有名になること」を信じて、一人前の芸人になるためにチャンピオンを目指す日々。落語の楽しさと、スポーツの爽快さにあふれた青春小説の傑作。

answer.――― 80 点
売れない落語家が落語で生きていくために「ボクシング」を始めるというストーリーライン。ボクシングを題材にした小説というと、パッと思いついたところで、吉村昭の『鉄橋』と百田尚樹の『ボックス!』が浮かんだが、前者は轢死したボクサーの謎に多視点から迫る文学(的)作品なので、比較するなら《真っ当に》ボクシングを描いた後者だろう。そう、要所でボクシングの試合自体は相応に描いていているものの、本作がボクシングらしいボクシング小説かというと、やはり違うだろう。本作のエンターテイメントの核は主人公の師匠の言「落語家として売れるためにはまず有名になれ」。これを愚直に実践して、あくまで落語家として成り上がっていく主人公の様を楽しむ作品だ。ボクシングを最優先にしない態度、戦った相手へのリスペクトと一種の生き様を見せつけられるわけだが、そんな展開のなかでの「ぃよっ、職人芸!」と唸らせられたアレンジは、成り上がり話では定番の、調子に乗って―――な場面の不採用。これは、天賦発揮して昇り詰めていくボクサーの自分は仮初めであり、落語家として大成したい自分を自覚している主人公故に、当然と言えば当然の演出選択なのだが、案外と見落としてしまうもの。コンセプトの徹底は、それだけで価値がある。一本筋の通った、変則的なボクシング小説。師匠との別れも感動的でした。典型的な隠れた(?)良作でしょう。

第4回酒飲み書店員大賞 受賞作:ファイティング寿限無/立川談四楼

category: た行の作家

tag: OPEN 80点 立川談四楼 酒飲み書店員大賞

[edit]

page top

 |  第3回酒飲み書店員大賞 受賞作:東南アジア四次元日記/宮田珠己 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1307-0f92d011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top