ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第9回電撃小説大賞 金賞:七姫物語/高野和

七姫
1.空澄 七月
2.雪終 二月  息吹月 三月
3.高夏 八月
4.早風 九月
5.名無月 十月
6.雪祭 十一月
7.終月 十二月

answer.――― 70 点

取捨選択を貫いたような背伸びしない文章は、著者が何を書きたいのかがハッキリと伝わってくる。二人の若き嘘つき、武人テン・フオウと軍師トエル・タウに「お前、お姫様やれ」とよくも分からず拾われ、楽しげに担がれた孤児カラスミ(当時9歳)。三人で立てた「天下取り」の約束が物語の始まりとなる本作。どこがどうと挙げにくい面白さが続刊を望まれ続ける根強い人気こそあれ、爆発的な売り上げに繋がらないのだろうが、雅な大陸風の世界観は近くて遠い異国情緒の溢れるもので、詔の節回しにせよ、鼻につかない本格風味。電撃大賞、その選考委員一の良識派である安田均(すでに勇退)が推すようにヒロインをはじめとした、登場人物たちのポジティヴなキャラクターにセンスを感じる。賛否分かれそうな後半の俯瞰的な語り口は「戦争なんだからもっと描いてくれ!」と熱心なファンからすれば望むところなんだろうが、特に思い入れのない自分とすると、スムースなカタルシスを得られたので満足の仕上がり。自分の実力を計算・相談した上で、描いただろう作品のため、作品そのものよりも、著者に対して拍手を送りたくなる。イラストもGJ!で、世界観にマッチしている。良作です。

第9回電撃小説大賞 金賞:七姫物語/高野和

category: た行の作家

tag: 電撃小説大賞金賞 OPEN 70点 高野和

[edit]

page top

« 第9回電撃小説大賞 大賞:キーリ 死者たちは荒野に眠る/壁井ユカコ  |  第9回電撃小説大賞 金賞:バッカーノ! The Rolling Bootlegs/成田良悟 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/14-1192b99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top