ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第9回電撃小説大賞 大賞:キーリ 死者たちは荒野に眠る/壁井ユカコ

キーリ
1.ルームメイト
2.切符を拝見いたします
3.血まみれピエロに喝采を
4.“I’m home”
5.死者たちは荒野に眠る
6.光の路標へあと何歩

answer.――― 64 点

閉鎖的な教会で育った孤児、幽霊を視えてしまう少女キーリが一週間の鉄道旅行へ旅立つ……お伴には初めて出会えた、自分と同じ、幽霊が視えてしまう不死者ハーヴェイを連れて。本作には全部で六話が収められているが、正直な話、印象に残っているのは一章【ルームメイト】くらいしかない。というのも、話(ゲストキャラクター)に工夫らしい工夫があるのが一章しかないからだ。以降の話には仮に工夫があったとしてもそのパターンは一章と同じで、しばらく日を置くとゲストキャラが思い出せず、それによってストーリーも思い出せないという悪循環に陥る。友人たちに訊いてみてもまったく同じ反応だったので、これは間違いない―――皆、俺と同じで途中読み飛ばしたな?重厚なんて飾った言葉を使わなければ、単純に書き過ぎな本作。台詞と台詞の間に必ず一動作を入れて、こっちの読書のリズムを悪くしてくれる。それで台詞回しにも特に機微がないもんだから、長編にあってはならない読み辛さが大回転の大車輪。結果、読み飛ばして話が印象に残らない。厳しめなレビューになっているが、本作、見るべきところもある。レヴューサイトを廻ってみると、女性ウケが良いのが分かる。この辺、感情の起伏少ない人造人間ハーヴェイ君にあるんだろう。男にはその価値を見い出し辛いが、お人形遊びは女性の専売特許。実際には描かれていない、人造人間の「心」の動きを評価出来るはずだ。個人的にはハーヴェイの付属品である、ラジオに宿っている兵長(幽霊)が良い。早熟な少女であるキーリと保守的なこの兵長だけの旅が読みたかった。

第9回電撃小説大賞 大賞:キーリ 死者たちは荒野に眠る/壁井ユカコ

category: か行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 60点 壁井ユカコ

[edit]

page top

« 第3回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:殿がくる!/福田政雄  |  第9回電撃小説大賞 金賞:七姫物語/高野和 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/15-8c47f295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top