ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

このライトノベルがすごい!(2010年版) 2位:化物語/西尾維新

化物語
(上巻)
1.ひたぎクラブ
2.まよいマイマイ
3.するがモンキー
(下巻)
4.なでこスネイク
5.つばさキャット

answer.――― 80 点

西尾‘エキセントリック’維新の代表作―――というと、真正の維新志士(西尾維新のファン)たちから罵声を浴びかねないので断言するのは控えるが、西尾維新の作品のなかでも高い知名度を誇る作品のひとつ。その内容は、主人公・阿良々木暦と彼に出会った、化物(怪異)と関わりを持つ少女たちが不思議な事件を解決していくストーリー。実質の短篇形式で、やはり西尾式と言おうか、どの話もオチに一服盛ってある。アニメ化などメディア映えしたのはやはりホッチキスを凶器としたり、の気性を含めた女の子のデザインにあるだろう。「完全に趣味で書いた」という発言の通り、台詞回しもいつも以上の西尾節だ。この流れの雑感で申し訳ないが、西尾維新の文体にはアマチュア臭が漂う。別に、下手と言いたい訳では間違ってもない。物語に関係のない文章のお遊び、実験が多過ぎると思う。文章の工夫はファンこそ諸手を挙げて大歓迎するものだが、それ以外の人たちには時に集中力を削ぐ要素になる。ただ、この戯れがないと西尾維新<らしく>ない。個人的な話になるが、本作に配した<点数>ほど私は楽しんでいない。この点数は、プロ<らしく>ない文章の実験を貫く作家としての姿勢に敬意を払った意味合いが強い。プロになった皆(特に大御所)、忘れるものだからねその部分。西尾維新ファンは本当に誇りに思ったほうが良い。西尾維新は森見登美彦と同列か、それ以上の文章家だと思う。文章について長く言及してしまったが、単純に物語としても十分に面白い。メインヒロインが上質なツンデレです―――W La 西尾維新!

このライトノベルがすごい!(2010年版) 2位:化物語/西尾維新

category: な行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 80点 西尾維新 三大犯罪者

[edit]

page top

« このライトノベルがすごい!(2010年版) 1位:バカとテストと召喚獣/井上堅二  |  このライトノベルがすごい!(2010年版) 3位:"文学少女"と死にたがりの道化/野村美月 »

コメント

ついに来ましたか。私は評価し辛くてレビューを見送っていますw

文体に実験が多いというのにはすごく頷けます。そして、そんな西尾さんの挑戦に感化された作家が大勢いるというのも否定しません。奇特な文体に対して何でもかんでも「西尾維新」の名前を出すレビュワーさんの気も知れませんが。

良くも悪くも、ゼロ年代の草分け的存在ですね。初挑戦の方には構えすぎずに一歩はなれて読むことを薦めたくなる作家です。あ、ボクは好きですけどw

ask #- | URL | 2011/04/28 18:38 | edit

Re: ask

コメント、有難うございます!

> 奇特な文体に対して何でもかんでも「西尾維新」の名前を出すレビュワーさんの気も知れませんが。

自分も以後、気をつけます( ;゚皿゚)ノセンセイ! 実際、何を以って<西尾維新>的とするか難しい部分はありますからね。私自身、オチが「どんでん返し」だと、乙一的、西尾維新的と方便してしまうことがままあります。

個人的に、化物語は凄いキャッチーなものを意識して描いた作品だと思っています。それだから、単純に楽しめる作品として未読の方にはお薦めしたいですね。レヴューでも書いたのですが、西尾維新は森見登美彦と似たものを個人的に感じるので、是非とも、西尾先生には森見クンにプロレス仕掛けて欲しいです。

Medeski #- | URL | 2011/04/28 23:43 | edit

Medeskiさん

お疲れ様です☆

ほんと尊敬する作者に、“西尾維新”さんを挙げている方って多いですね。
私は、西尾先生の作品は“化物語”シリーズしか読んだことありませんが、
他作品も独特な雰囲気を醸し出してるのかな?

技術的なことは判りませんが、単純に作品好きですよ♪
シリーズを読みすすめて、羽川翼が大好きになりました☆

失礼します(*- -)(*_ _)ペコ

nagisa #- | URL | 2011/08/07 22:45 | edit

Re: タイトルなし

ントー、サンクスッ!

> 他作品も独特な雰囲気を醸し出してるのかな?

言葉遊びが多いのは確かだと思います。自分でネタを振って、それに応えるスタイル……って言うんですかね。読むのが面倒一歩手前、って感じなんですが、実験に付き合う気分とも云え、へえ……となります。

面白い女性キャラクターを書いてますよね。私も楽しめました。

Medeski #- | URL | 2011/08/08 18:01 | edit

西尾維新は面白いから好きです(o^∀^o)読破には遠いけど、なんてゆうか悩みがちな人間にとっては憩いの場だなぁ。あの世界にいってみたい(笑)

りんご #- | URL | 2011/08/11 22:46 | edit

Re:りんご

コメント、有難うございます!

> 西尾維新は面白いから好きです(o^∀^o)読破には遠いけど、なんてゆうか悩みがちな人間にとっては憩いの場だなぁ。あの世界にいってみたい(笑)

内容はけっこう殺伐としているのに、雰囲気は牧歌的ですよね。私も彼の作品は全部追っている訳ではありませんが、どれも普通に楽しめます。信頼出来る作家のひとりですね。読破が遠い……それもまた、分かります(笑)

Medeski #- | URL | 2011/08/13 08:47 | edit

代表作でいいのでは(笑)

Medeskiさん
ついに「物語シリーズ」に手をつけましたねw

非難を恐れずに言うならば
代表作と言い切っていいと思います。

私が氏の作品を読み始めたのはこのシリーズが最初で
その後、他作品も読んでみましたが
(もっと氏の個性が出ているのでしょうが)
あまり面白いとは思えませんでした。

このシリーズはずいぶんと楽しみましたが
最近の鬼物語あたりから
また実験的な感じですね~。

とは言え
魅力的な作品である事は確か。
どういう形でこのシリーズをまとめあげるのか
興味深いところです。

一刻 #- | URL | 2011/10/23 18:14 | edit

Re: 代表作でいいのでは(笑)

コメント、有難うございます!

> 非難を恐れずに言うならば
> 代表作と言い切っていいと思います。

俺の代わりに、断言キター!ふれっふれっ、一刻!
> あまり面白いとは思えませんでした。

ふ、踏み込んだー!ふれっふれっ、一刻!頑張れ頑張れ、一刻!

> 魅力的な作品である事は確か。
> どういう形でこのシリーズをまとめあげるのか
> 興味深いところです。

これは私も少し興味を持っています。時間を飛ばして、探偵業に勤しむような成人になってからの化物語とかもありそうですよね。

Medeski #- | URL | 2011/10/24 14:07 | edit

>西尾‘エキセントリック’維新の代表作―――というと、真正の維新志士(西尾維新のファン)たちから罵声を浴びかねないので断言するのは控える
この点については真正の維新志士代表としてよく踏みとどまった!と一言。
絶えず実験をし続ける作者には常に最新作こそが代表作なのではないだろうか?
まあ、その実験も最近の作品では少し抑えめになってきた印象はあるが、それは漫画のめだかボックスで実験し放題だからだろう。

まず初めにこの作品を読んだ時は、京極夏彦の百鬼夜行シリーズを上手く再消化した作品だなと思った。
会話も面白い、語りはカッコいい、軽い衒学で知識欲は潤わされる。
自分達厨ニ病層を捉えるには文句なしな作品だった。

あまり関係ないが今も続く厨二病を確定的なまでにしてしまったのは彼の戯言シリーズであった。

で、メフィスト賞のレヴューはいつ始めるんすか^^

Axshynu #74WU3Slc | URL | 2012/01/16 02:15 | edit

Re: Axshynu

―――Peter Pan R.I.Pがお前に流れていないことを祈る、今日この日。

> 絶えず実験をし続ける作者には常に最新作こそが代表作なのではないだろうか?
お前、かなりイテェな!立派だよ!それこそファンだ!

> あまり関係ないが今も続く厨二病を確定的なまでにしてしまったのは彼の戯言シリーズであった。

辞典に書いておくよ。

> で、メフィスト賞のレヴューはいつ始めるんすか^^

キミがボクのパトロンになってくれたら真剣に考えよう。私には十六羅漢と呼ばれるパトロンズがいてね。第一阿羅漢である賓度羅跋囉惰闍ことAlba様より賜ったMF文庫、GA文庫のレヴューを済ませねばならないのだ。まだ十六羅漢は二つしか席が埋まっていない。パトロンになりたかったら連絡をくれたまえ。

―――このコメントで、新しい設定が出来たわ。

Medeski #- | URL | 2012/01/16 08:14 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/184-e7229d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top