ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

MF文庫:IS<インフィニット・ストラトス>/弓弦イズル


1.クラスメイトは全員女
2.クラス代表決定戦
3.転校生はセカンド幼馴染み
4.決戦!クラス対抗戦

answer.――― 60 点

女性にしか使用できない世界最強の兵器IS<インフィニット・ストラトス>、しかし主人公・織班一夏は世界で初めて男性でありながらISを操縦することが出来た―――2011年1月より絶賛アニメ放映中!背表紙からして緑萌ゆるMF文庫より放たれた、対メディア戦略の一作!……と考えるには、アニメ化までやや時間が掛かった印象。概要としては、ISというギミックを除けば、女子高に狼が一匹紛れ込むという設定。この状況下に置かれた場合、哀しい男の性が発動して、悶々とした男ならではの葛藤や、具体的なけしからん場面で……(∩∀`*)キャッ!としたいところだが、本作の時点では幼馴染みのバスタオル姿の目撃程度で何だか拍子抜けといった感じ。ノベルゲーム出身の作家らしく、台詞を軸に置いた文章は読みやすい。ものの、途中から間の取り方が悪いのか、小説としての厚みに欠ける印象を受けた。他のレヴュワーの方もその点について記載しているので、錯覚ではないのだろう。女子高侵入とともに読者のもうひとつの関心事であろうISでの戦闘描写も、アニメからさかのぼる形で本作を読む人にとっては残念な出来。こうなってくると、女の園に男一匹って設定を生かし切れていないのがやはり痛い。そういう意味で、色欲の足りない主人公から、逆に鈍に感な主人公に悶々としているヒロインたちへの視点切り替えは良かった。日英中と国際色豊かなヒロインは全員がツンデレ属性。この辺の思い切りの良さは買える。ただ、現時点では続刊を買うよりも、アニメで満足するパターンになりそう。

MF文庫:IS<インフィニット・ストラトス>/弓弦イズル (2009)

category: や行の作家

tag: OPEN 60点 弓弦イズル

[edit]

page top

« 第8回本屋大賞 10位:ストーリー・セラー/有川浩  |  ソノラマ文庫:星虫/岩本隆雄 »

コメント

あら。ISの一巻に関しましては同じく評価は低めですねー。

これは、アニメありきの作品なのかもしれませんね。

らーさん #- | URL | 2011/03/30 18:21 | edit

Re: タイトルなし

私はアニメを熱心に観ているわけではないんですが、正直、拍子抜けました。ついでに、確かにアニメ化する前から売れ過ぎて疑問なんですよね。ひょっとして、刷るだけ刷っておいて「増刷!」と謳い文句をつけてハケさせる、気長な商法を取ったのかもしれませんね。

Medeski #- | URL | 2011/03/30 19:00 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/188-88246e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top