ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

このライトノベルがすごい!(2011年版) 2位:僕は友達が少ない/平坂読

僕は友達が少ない
1.プロローグというか キャラの顔見せというか ツカミのようなもの
2.羽瀬川小鷹
3.夜空
4.柏崎星奈
5.狩り
etc...

answer.――― 70 点

壮大なプロローグに巻き込まれたな、と。MF文庫J(tag、MF文庫で通シマス!)が誇る人気ライトノベル『僕は友達が少ない』。冒頭、闇鍋からの衝撃の吐瀉OPに並々ならぬ可能性を見い出し、頁を捲ること凡そ一〇〇回。そうして気づかされる道なき道、物語無き物語とその顛末。本作、驚くべきことにオチまで含めて丸々一冊、<プロローグ>だった。本を閉じたとき、「……始まったよ!」と天を仰いだのは何も私だけではあるまい。ある意味で、正しい第1巻とも云えるが、それだけに一作品としての完成度は低いと言わざるを得ない。それでも、間違いなく「いや、面白いよ」と注釈を点けられるのは「友人を作るため」に結成された隣人部に属する個性派な面々。暗殺者、未来人、サイボーグのような安易で突飛な設定に頼ることなく、不良と間違えられるハーフの主人公、エア友達と喋る孤高のヒロインA、18禁ゲームにハマる女王様ヒロインB、目指せ漢!のためのその1:ストーカー……と、あくまで地に足ついている設定のキャラクターたちのああでもない、こうでもない部活動は高次元な日常で、実に愉快に楽しく描けている。主人公の、リアル中二病の妹はまさに腐れ界隈待望の発明品。風呂が水風呂だったと、中二キャラも忘れて素っ裸で泣いて抱きついてくるMFクオリティ(挿し絵付き)はさすがとしか言いようがない。脇で輝くのが王道のハズの巨乳キャラクターが、正しくヒロインとして機能している点も見逃せない。終盤の終盤、【プール】、【昔のこと】での怒涛の「本作はプロローグだったのです!」宣言には参ったが、これはこれで、未完の情景……といった趣きとも捉えられる。いや、点数以上に楽しめた。ただ、本当にプロローグなのよ本作。

このライトノベルがすごい!(2011年版) 2位:僕は友達が少ない/平坂読

category: は行の作家

tag: このライトノベルがすごい! 70点 OPEN 平坂読

[edit]

page top

« ナマクラ!Reviews  |  このライトノベルがすごい!(2011年版) 4位:ソードアート・オンライン1 アインクラッド/川原礫  »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/192-e83d0a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top