ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第12回電撃小説大賞 大賞:お留守バンシー/小河正岳


1.憩いの魔城
2.嵐の前のなんやかんや
3.魔女は来ませり
4.法王庁の刺客
5.涙のあと

answer.――― 61 点

舞台は科学の発展忙しい19世紀中ごろ。敬愛する主が不在となり、その間、城の管理を任された妖精バンシーの物語。間抜けなデュラハン、慎ましいサキュバス、ペンギン姿のガーゴイル等、一風変わった仲間たちとともにほのぼの愉快にお城を切り盛り、主の帰還を待つ。ライトノベルでは大手筆頭の電撃文庫、その大賞を受賞している本作。さて、どこを評価されたのか?というと、これはほぼ間違いなく、ヒロインが適当に可愛く、登場人物たちが適当にエロいためだろう。エロい―――と云っても下半身をまさぐられるようにそそられるものではなく、こち亀における両さんが「エロい」的エロさ、つまり小学生にも安心の健全エロで、その辺は敵役の老人クルセイダ-が幼女のバンシーに放つ「お前の乳房を吸いにきたのだよ(シリアスな展開の台詞)」からも分かる。ヒロインを可愛く書けるのはそれなりに難しい。それが出来てるからボチボチなんだが、それでも作品自体はかなり小粒なために十把一絡げで忘れられるだろう。

第12回電撃小説大賞 大賞:お留守バンシー/小河正岳

category: あ行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 60点 小河正岳

[edit]

page top

« 電撃文庫:ある日、爆弾がおちてきて/古橋秀之  |  第12回電撃小説大賞 金賞: 哀しみキメラ/来楽零 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/23-a459135b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top