ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第18回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:僕僕先生/仁木英之

僕僕先生
(あらすじ)
唐代、父の財産に寄りかかり安逸を貪っていた王弁は、ひょんなことから地元の里山に住む仙人に弟子入りすることになってしまった。僕僕と名乗るその仙人、しかし容姿は少女の形で……まだ生きる意味を知らないニート青年が、英雄豪傑や魔物と交わりながら人智の及ばない世界に触れる旅を描いた、大型新人の超快作!

answer.――― 83 点

最早、当代を生きる人々にとって聖典とも云えるWikipediaの言葉を借りるなら、幻想文学、あるいはマジックリアリズム的作風を採る傾向にある日本ファンタジーノベル大賞受賞作において、キャラクターが先行するライトノベル風のファンタジーを展開する異色の大賞作『僕僕先生』。あらすじの通り、主人公は父の財産に寄りかかるやる気皆無の道楽息子=ニートであり、ドングリの背の分だけ利発な野比のび太(22才)といった風体。そんな彼が少女の姿をした仙人・僕僕に惹かれ、単なるニートから一念発起、仙人と旅に出るニートとなるストーリー。本作を楽しむ上での助言として、「喜怒哀楽」がテーマとなっていることを明言したい。喜ぶこと、怒ること、哀しむこと、そして、楽しむこと……僕僕に惹かれ、お子様ちっくに嫉妬したりする様はまさに幼年期の初恋を甦らせ、読み手の感情まで豊かにしてくれる。欲情して押し倒すも「君が望むことをボクにしたとしても、ボクは拒まない。天地陰陽の理は、それを濫用するのではない限り推奨されるべきものだ」「……やっぱ、やめます」とすごすご立ち去るヘタレっぷりも見逃せない。本作は、ただ、のんべんだらりと生きていた主人公に喜怒哀楽を芽生えさせた<初恋>の物語。恋する、という行為が何故、人間にとって必要なのかを教えてくれる作品だ。表紙イラストのファンインプレー(雲を引っ張っている男が主人公。コイツが欲情する)も必見。じわじわ笑えてくる。成功作らしくシリーズ化し、現在も刊行中。

第18回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:僕僕先生/仁木英之

category: な行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 OPEN 80点 仁木英之

[edit]

page top

« 第13回電撃小説大賞 銀賞:なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希。/樹戸英斗  |  第18回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:闇鏡/堀川アサコ »

コメント

ずっと読みたいと思っている作品です。が、最近存在を忘れかけていました。いいタイミング思い出させてくださって感謝します。
今度本屋に立ち寄ったとき必ずや手中に収めてみせましょう!

Medeskiさん自身の評価も高いみたいですし、なにより「喜怒哀楽」をテーマにした「初恋」の物語という謳い文句に惹かれます。
肯定的にしろ否定的にしろ、恋愛への探求は人類の尽きることのない営み。
いやー、楽しみです。

つかボン #v14okzU2 | URL | 2011/06/07 02:28 | edit

Re: つかボン

コメント、有難うございます!日頃からお世話になっております!←(コメント、有難うございます。からレベルアップした感謝の追加一文

> ずっと読みたいと思っている作品です。が、最近存在を忘れかけていました。いいタイミング思い出させてくださって感謝します。
> 今度本屋に立ち寄ったとき必ずや手中に収めてみせましょう!

このBlogも、とうとう人に役に立つときがやってきてしまったようですね。水戸黄門で喩えるなら、お色気シーン並みの活躍が出来て光栄です。

> 「喜怒哀楽」をテーマにした「初恋」の物語という謳い文句に惹かれます。

これは私の解釈なので万人が共通に感じるかは分かりませんが、感情が芽生えてく物語と最初から捉えられていればもっと面白かったように感じたのでご参考までにご参照ください。ライトノベル風だと売れるようで、しゃばけと並ぶ名シリーズとなっている模様です。

Medeski #- | URL | 2011/06/07 12:44 | edit

こんばんは。人生楽しみです。
 拙ブログにご訪問有難うございます。
 最近続いている日本ファンタジーノベル大賞作品レビュー。
 知らないというのは怖いことで、あの鈴木光二さんや恩田陸さんも受賞したり候補作だったりしていたのですね。最近では畠中恵さんも受賞しており、改めてそのすごさを認識しました。
 87点という高得点のこの作品。推薦度合いはどのくらいですか?
 それと、最近のブログ更新のスピードにも敬服です。是非、面白く的確なレビューを宜しく願いします。
 それでは、またお邪魔します。

人生楽しみ #- | URL | 2012/02/20 21:56 | edit

Re: 人生楽しみ

コメント、あざーす!

>  最近続いている日本ファンタジーノベル大賞作品レビュー。
ちょっと最近、整理のために日付けをイジりました(笑)まあ、時たま、イジるので月にどれくらい更新したかは更新情報を参考にして頂ければと思います。来月の頭は、SD小説新人賞をイジると思います。

>  87点という高得点のこの作品。推薦度合いはどのくらいですか?
辞典の記事にも書いたのですが、推薦は点数の多寡に関係なく打っているものなのでアレなのですが、本作はおそらくファンタジーノベル大賞随一のポップな作品ですので読んでつまらないということは無いと思います。むしろ、楽しい作品……ドラエもんの映画とでも言喩えれば良いでしょうかね?非常にライトノベルに近いです、どういった意味で近いのかと云えば、「キャラクター」。愛すべき、という枕詞をつけたくなるものがあります。

人気もありますので、大衆を知るという意味でも読んで損は無いかと。

Medeski #- | URL | 2012/02/21 05:01 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/234-de94ad6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top