ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

文春文庫:池袋ウエストゲートパーク/石田衣良

池袋
(あらすじ)
果物屋の息子で普段は池袋西口公園(IWGP)で屯しておいる“池袋のトラブルシューター”真島誠。持ち込まれるしばしば困難な依頼を持ち前の好奇心と偏差値の低さに反比例する機転の良さで解決していく。刺す少年、消えた少女、潰し合うギャング団……今夜も転がり込むトラブルを退屈しのぎに池袋を駆け抜けろ!

answer.――― 81 点

一昔前なら中堅作家の筆頭格に挙げられただろう石田衣良、その代表作。本作を語るとき、切っても切り離せないのが、クドカンこと宮藤官九郎の脚本によるTVドラマ。主演に長瀬‘TOKIO’智也、ヒロインに加藤‘温泉盗撮’あいの他、窪塚‘キング’洋介、佐藤‘ルーキー’隆太、妻夫木‘天地人’聡、坂口‘世界の荒鷲’憲二を脇に固め、果ては酒井‘ビビる’若菜、「松山」小雪、渡辺‘spモード’謙などをチョイ役に起用という現在ならば有り得ないキャスティングは豪華の一言で、視聴者からのリクエストに応えて制作されたスペシャル版では演者たちの多忙により、ほとんどが別撮りで仕上げられるというまさにチグハグなドラマとなった。もっとも、TVドラマでの一番のサプライズはそもそもの話、原作の面影はどこよ?となるクドカンお得意の原作レイプにある。本作は連作短篇の形を取っている訳だが、ドラマで使用されているのは実は<第一章>のみで、それも読んでみれば原形を留めない大改編が行われていることに気づく。そして対比してみれば、まさかの「ドラマ>原作」の事件を目撃することに―――もっとも、原作は原作で十分なエンターテイメントを提供しているのも事実。石田衣良らしいセックス&フレンドシップな作風で、愁眉は主人公のKissから始まる夜は熱く、Because I’m a Masochist!な性交場面……M気質の人は勃起しちゃうので通勤中は気をつけて!石田衣良を知りたければ、本作を読むだけですべてが分かる作品。

文春文庫:池袋ウエストゲートパーク/石田衣良  (1998)

category: あ行の作家

tag: OPEN 80点 石田衣良

[edit]

page top

« 第5回電撃小説大賞 選考委員奨励賞:月と貴女に花束を/志村一矢  |  第10回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:オルガニスト/山之口洋 »

コメント

「おお、池袋ウエストゲートパーク」と理由もなく声を出してしまいましたこんばんは。
原作は未読なのですが、ドラマ版は視聴しました。ただそれも、すべて見たような、途中を抜かしたような、曖昧な記憶なのですが。面白かったという記憶だけはしっかりと残っています。
原作既読の友達がよく本作の話をしているので、いつか読んでみたいですね。たとえ「ドラマ>原作」なのだとしても、すでに記憶が薄らいでるので新鮮な気持ちで楽しめそうです。

つかボン #v14okzU2 | URL | 2011/05/18 01:07 | edit

Re: つかボン

コメント、有難うございます!

期待し過ぎなければ、普通に面白いと思いますよ。ただ作者が流行りものを取り入れる作風なので、出版から十年以上過ぎてしまった現在ではどこか古びた印象を持ってしまうかもしれませんね。ドラマ版では、私は窪塚のKINGっぷりが大好きでした。小説版では喧嘩を楽しむのではないのがポイントですね。

>すでに記憶が薄らいでるので新鮮な気持ちで楽しめそうです。
名残でも残っていれば、きっと驚くことになると思います。本当にドラマと違いますからね。私はとりあえず一章終わった時点で爆笑しました。強過ぎるぜ、ドーベルマン!

Medeski #- | URL | 2011/05/18 03:45 | edit

コメ返にきたら、コレしか知ってるものがないので、過去記事へのコメ許してください
原作読みからしたらIWGPドラマの変わりように大爆笑してしまった記憶があります
何が1番違うってキングがまるで違うよ!太陽と月くらい違うよ!
それにしてもおもしろかったから宮藤官九郎の恐ろしさをまざまざと見せ付けられた気がします
石田衣良の作品なら娼年が好きだったなぁ~

サリエラ #- | URL | 2011/05/23 17:23 | edit

Re: サリエラ

わざわざ訪問して頂き、有難うございます!

> 何が1番違うってキングがまるで違うよ!太陽と月くらい違うよ!
> それにしてもおもしろかったから宮藤官九郎の恐ろしさをまざまざと見せ付けられた気がします

私もあそこまで原作が改変されているドラマを観たのは初めてでした。各キャラクターが分かり易くなって、どれも突き抜けた個性を出していました。窪塚クンはああいうトンでるキャラクターをさせたら若手(じゃもうないか)じゃ一番の気がします。

> 石田衣良の作品なら娼年が好きだったなぁ~

娼年は読んでいませんね。タイトルからしてバイビー(セクシャル)な薫り。石田先生はレヴューにも書いたんですが、あまり読むつもりはもう無いんですが、長旅するとき、覚えておきます。

Medeski #- | URL | 2011/05/24 02:54 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/350-c5c6255b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top