ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

文春文庫:武士道シックスティーン/誉田哲也

武士道
1.気剣体
2.長く構えましょう
3.兄の仇
4.それは般若ですか
5.兵法者
6.いい感じです
7.敵の正体
etc...

answer.――― 85 点

日本舞踊から剣道に転向した「柔」の早苗、剣道エリートの「剛」の香織、二人の起・承・転・結、これぞ「ィッポン!」な青春劇。生温い序盤はともかく、マジもんの≪剣キチ≫香織がよく分からないまま剣道を放り投げる(読者も巻き込まれる。ここからちょっとしたミステリーが始まる)、「転」開は面白いの一言。思春期、一回真面目に悩むべきだったわ~!と後悔が後引く、読後の清涼感が素晴らしい。ところで、序盤から妙な色気を放っていた先輩・河合さん。彼女が聖母から魔性に変わる一行ほどのエピソードは小説のダイナミズムが凝縮されていて、個人的に痛快だった。

文春文庫:武士道シックスティーン/誉田哲也 (2007年)

category: は行の作家

tag: OPEN 80点 誉田哲也

[edit]

page top

« 第19回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:ブラック・ジャック・キッド/久保寺健彦  |  第19回ファンタジア大賞 準入選:量産型はダテじゃない!/柳実冬貴 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/351-fd318c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「武士道エイティーン」 誉田 哲也

剣道を通して自らの武士道を探す女の子2人の青春小説「武士道エイティーン」。主人公ふたりが3年になり、物語もいよいよ最終巻へ。もう彼女たちの話が読めないと思うとちょっとさみしいです。 香織と早苗、剛と柔の資質をもつふたりは最初は反発しあいながらも竹刀を...

日々の書付 | 2011/06/04 22:39
page top