ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第20回ファンタジア大賞 準入選:蒼穹のカルマ1/橘公司

蒼穹のカルマ
1.ねえさまは笑わない?
2.ねえさまはお仕事が忙しいです。
3.ねえさまはとても強いです。
4.ねえさまは人望があります。
5.ねえさまはすごく優しいです。
etc...

answer.――― 66 点

空を扱った作品は飛ばない(売れない)、とはダ・ヴィンチ・コードばりのライトノベルの機密事項だったが、近年はそれも時効となったのか、―――Amazon運営推し!という半ば反則とも云える後援を受けた『とある飛空士への追憶』を始め、そこそこに世に羽ばたくようになってきた。ファンタジア大賞、最後の<準入選>作としてライトノベル界にフライング・バイした本作『蒼穹のカルマ』もまた、登場人物たちが空を駆けるファンタジー作品。冒頭の圧倒的絶望からの救出、そして、最強のヒロイン・駆真が溺愛する姪にデレるまでの忙しい展開は、著者の確かな筆力のまさに見本市。空を舞台にした珍しい設定もあり、本格ファンタジーの予感に胸高鳴ることは必至だ。が、本編はファンタジーにファンタジーを重ねる(ex.異世界へ召喚される、古代のロボットを起こす、神への挑戦)、まさかのファンタジー・コメディ路線で、これは誰もが面喰うだろう。Amazonのレヴュー欄にて<ライトノベル的設定と発想の走れメロス>と評した人がいるが、その通りの的を射たレヴュー。2010年度の「このライトノベルがすごい!」にて第10位にランクインしているように、エンターテイメント性は高いのでコメディと知って読むのが吉。個人的には本編らしい本編を用意して、こういう傍流のストーリーを作って欲しかったな、と。

第20回ファンタジア大賞 準入選:蒼穹のカルマ1/橘公司

category: た行の作家

tag: ファンタジア大賞準入選(金賞) OPEN 60点 橘公司 このライトノベルがすごい !

[edit]

page top

« 第20回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:彼女の知らない彼女/里見蘭  |  第20回ファンタジア大賞 佳作:これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です/木村心一 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/371-c426ead9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top