ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第8回電撃小説大賞 大賞:大唐風雲記 洛陽の少女/田村登正

大唐
1.洛陽陥落
2.長安の夜怪
3.則天大聖皇帝
4.夜の街へ
5.龍導盤
6.怛羅斯城 天宝十年七月
etc…

answer.――― 67 点

主として実在の人物を取り扱う歴史小説。史実に即したものとなるそのストーリー構成は、御世辞にもライトノベラーと相性が良いとは言い難い。それには様ざまなご無体な理由があるだろうが、ここでは置いておいて……。『大唐風雲記』とタイトルからして雲行き怪しい本作に登場するのは、楊貴妃、則天武后、李白に高仙芝といった中国は唐代を代表する面々。義務教育を勤め上げた方なら誰もが一度は目にした有名人たちだ。物語は安史の乱を題材に展開していくが、登場人物たちを含め、特別興味を惹くほどではないだろう。それでも、出版当時、すでに五十を超えていたという遅咲きの作者の筆力は伊達に年を重ねていない中々のもの。本作を執筆するに当たって詰めてきた知識、宦官を肴にした上品な下ネタ等を織り交ぜ、読者に「読ませる」力がある。中盤から主人公が空気になってしまったこと、読者的には望まないタイムトラベル導入など看過しにくい隙もあるが、<良い話>を作りたい、という作者の真摯な姿勢が随所で見られるのも事実。文章はとても優しい語り口で、児童小説を想起させる。それだけに、ライトノベルに拘らず、より子ども向けの作品を手掛けても良いかもしれない。兎にも角にも応援したくなる丁寧な作品。田村のオッチャン、ヒロインの安麗華、良い味出してたぜ(▼▼メ) d) グッ!!

第8回電撃小説大賞 大賞:大唐風雲記 洛陽の少女/田村登正

category: た行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 60点 田村登正

[edit]

page top

« 富士見ファンタジア文庫:伝説の勇者の伝説 1.昼寝王国の野望 /鏡貴也  |  第8回電撃小説大賞 銀賞:悪魔のミカタ 魔法カメラ/うえお久光 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/39-cb148647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top