ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第10回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:オルガニスト/山之口洋

オルガニスト
親愛なるラインベルガー先生

ごぶさたしております。ヴァイオリン科のテオドール・ヴェルナーでございます。
以前ヨーゼフ・エルンストと一緒に公私ともにお世話になったものです。

answer.――― 83 点

音楽を題材にした作品は、エンターテイメント面での成功の鍵―――あるいは隠し味として、楽器についての言及があれば大事を為せる場合が多いように思う。 前半がミステリー、後半がSFという大胆な作風を採る本作は、南米はブエノスアイレスの教会に彗星の如く出現した謎の天才オルガニストを巡るストーリー。昨今の『のだめカンタービレ』の大ヒットにより、クラシックに「解釈」なる要素が存在し、指揮者のその存在意義を認知させたのは記憶に新しいが、本作もまたひとつ、一般人がまず通ることのないクラシックの道―――<オルガニストの入口>へと導いてくれる。オルガンの構造を嫌味なく専門的に挟んでくるなど、読み手の知的好奇心を巧みに刺激してくれる秀逸な前半に対して、後半は一転、謎のオルガニスト視点からのドラマを頼みとしたフォルティッシモなパワープレイで読者の関心を繋ぐ。ミステリーからSFへの橋渡しはこの視点切り替えの妙で、イメージするほどに気にならない。描写も無駄なく巧みで、しっかりと読者の目の前には欧羅巴が広がっている。SFの味付けに必要以上に難をつけなければ、安心して唯一無二のオルガニストの誕生を楽しめるだろう。また、本作は各登場人物たちの<言質を取る>仕掛けがあるので、それぞれの夢、信念の台詞を予言として心に留めておきましょう。音楽とは感情だ、とさらりと説かれる点も見逃せない。音楽小説にハズレ無し!を証明する一冊。

第10回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:オルガニスト/山之口洋

category: や行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 80点 OPEN 山之口洋

[edit]

page top

« 文春文庫:池袋ウエストゲートパーク/石田衣良  |  第10回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:ヤンのいた島/沢村凛 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/392-f764b90f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top