ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第16回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:ラス・マンチャス通信/平山瑞穂

ラス・マンチャス (2)
1.畳の兄
2.混血劇場
3.次の奴が棲む町
4.鬼たちの黄昏
5.無毛の覇者

answer.――― 70 点

二章にて脈絡なく登場する表題「ラス・マンチャス」という単語に、一章より続く出口の見えない物語の行方を見い出したつもりになれば、スペイン語で「染み」「汚れ」を意味する「ラ・マンチャ」から「ラス・マンチャス」になるまでの寓話だった事実に、本作の物語としての期待は無くなることだろう。―――僕は常に正しく行動している。姉を犯そうとした「アレ」は始末されるべきだし、頭の足りない無礼なヤンキーが不幸になるのは当然だ。僕のせいではない。でも、なぜか人は僕を遠巻きにする。薄気味悪い虫を見るように……実に上手く本作の魅力を抽出した「BOOK」データベースに、まず称賛を。春樹、龍のW村上の処女作との出会いで開花したという平山瑞穂。その処女作となる本作「ラス・マンチャス通信」は、倫理の外れた世界が広がる。壊れた日常を淡々と描き、上述の「アレ」などに見られるように抽象的にストーリーを進める。見所は、主人公が童貞を喪う三章。ただの童貞喪失話でも面白いのに、本作の場合は同僚の恋人であり、上司の性奴隷を葛藤の末に抱くという展開。童貞本来の葛藤と違うところで葛藤する点が分かり易く本作を象徴している場面と云える。本作はいわゆる連作短篇の形を取っているが、章分けには時系列上の意味があるだけで、一作品としての<短篇>ではない。また、ストーリーではなく、著者が描く作品の雰囲気(倫理の外れた世界)を楽しむのが本作の常道。これを見誤ると、私のように歯がゆい思いをすることとなるので注意して下さい。

第16回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:ラス・マンチャス通信/平山瑞穂

category: は行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 OPEN 70点 平山瑞穂

[edit]

page top

« 角川文庫:推定少女/桜庭一樹  |  第16回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:ボーナス・トラック/越谷オサム »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/399-d76330c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top