ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

このライトノベルがすごい!(2010年版) 8位:ベン・トー サバの味噌煮290円/アサウラ

ベントー
1.氷結の魔女
2.魔導士
3.ダンドーと猟犬群

answer.――― 70 点

B級映画に始まり、B級スポット、B級グルメ……世間一般のB級が意味するところはいわゆる<一流に届かない>という有難迷惑なレーティングながら、そもそもにして、B級とは元よりB級を意図して創られたモノ(ex.映画『キル・ビル』)を指す―――といつぞや誰彼から耳にして以来、B級に対する認識が改まったものだが、さて、出版界の「超」大手である集英社が持つスーパーダッシュ文庫(以下、SD文庫)。本作はそこで現在のところ、事実上のエースを張る『ベン・トー』シリーズの第一弾。ストーリーは、スーパーで売り出される半額弁当を奪い合う、というシュール極まりないモノ。この時点ではっきりと予感出来ると思うが、ストーリー自体はまず面白いものではない。ただ、……とここから注釈がつくのが正統派B級ライトノベルたる本作の魅力。一読して分かることは、つまらないものを面白いものにさえ昇華させる高い文章力。作中、半額弁当奪取競争の暗黙のルールを破る輩を<豚>、ルールに順じて闘う者を<犬>、あるいは<狼>と読者を置いてけぼりにさも当然のように要所で叫ばせるが、アサウラ氏の手に掛かれば、知らぬ間にこのスーパーマーケット・ファンタジーへ引き摺りこまれ、ルールを破る輩が現れようものなら「……(コイツら、豚だ!)」と読者にそのルールを植え込ませるまでに到る。また、B級の冠に相応しい性を絡めたネタが絶妙で、何度となく吹くこと必至なので食事中は読書厳禁だ。キャラクターには漫画では出せない躍動感があり、この辺も見逃せない。如何せん、B級であるためにある種の限界こそ感じるが、かの醜悪祭を催してしまったSD文庫にあって、この光明は大事にしたいところ。今秋にはアニメ化も決定しており、このエースで弱小文庫からひとつと言わず、どこまで<格>を上げられるか見物です。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 8位:ベン・トー サバの味噌煮290円/アサウラ

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 アサウラ

[edit]

page top

« このライトノベルがすごい!(2010年版) 7位:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸/入間人間  |  このライトノベルがすごい!(2010年版) 9位:とある魔術の禁書目録/鎌池和馬 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/424-cc522268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top