ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第5回本屋大賞 8位:鹿男あをによし/万城目学

鹿男
1.葉月(8月)
2.長月(9月)
3.神無月(10月)
4.霜月 (11月)

answer.――― 83 点

この文体、どこかで見たことがある……と記憶の糸を手繰り寄せていると、思いもよらぬところと繋がった―――『坊ちゃん』、そう、“巨人”夏目漱石の青春小説である。私は『坊ちゃん』の文体が大好きで、―――というよりも、「〇〇した。してやった。」という一文がある種の天啓にも似た響きに感じ、人には見せられない私の日記に同じパターンの文章が「。」に代わり、アテンションマーク(!)となって度々登場している。一例を挙げるならば、酔っていた俺はファスナーを下ろし、ベンチに○×した!してやった!とか。そんな雑談はさて置き、オレ様、千秋さまこと玉木宏を迎え、ドラマ化もされた「鹿男あをによし」。上述のように特徴的な文体に気づけば、本作が『坊ちゃん』のパロディということが分かる。もちろん、ストーリーそれ自体は違う。だが、別になりたくもない教師となって派遣される等、諸々の展開が『坊ちゃん』を下敷きにしているのは明らかだ。作中でも、さりげなく『坊ちゃん』という単語を挟んできたりと、ニヤリ嫌らしいアピールもある。肝心の中身だが、文体から来る面白み以外にも、白熱する剣道の試合の描写など、著者の物真似に終わらない高い文章力が跳梁跋扈。話の着地点はパロディと気づけば大体想像ついてしまうのだが、しっかりお約束通りのもうひと山「転」もあるわけだし、そこは楽しんだ!楽しんでやった!となるのではないだろうか?万城目学の作品はこれが初物ながら、とりあえず、他の作品にも手を出してみようかな……と思わせる出来。作家としては、器用そうなところが良いね。

第5回本屋大賞 8位:鹿男あをによし/万城目学

category: ま行の作家

tag: OPEN 80点 万城目学

[edit]

page top

« 第5回本屋大賞 7位:赤朽葉家の伝説/桜庭一樹  |  第5回本屋大賞 9位:私の男/桜庭一樹 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/447-4c4c7b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top