ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第17回ファンタジア大賞 佳作:七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!/大楽絢太

七人の武器屋
1.七人の遭遇
2.七人の素人
3.七人、開店前日
4.七人の武器屋
5.七人の挑戦!
6.エピローグ

answer.――― 64 点

“THE 富士見ファンタジア文庫”―――そんな冠を贈りたくなる生活感溢れるヘッポコ・ファンタジー。主要登場人物はタイトルにあるように、7人。12歳から17歳までの、20歳にも満たない少年少女たちが武器屋の露骨に怪しいオーナー募集の告知にそれぞれの悩める想いを抱きながら集うところから物語は始まる。武器屋を運営する、という要素はゲーム『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』を下敷きにしたようなざっくりとしたもので、本格的とは言い難い。それだから、肝はワイワイガヤガヤの、日常パートの出来が鍵を握ってくる。本作はその握った鍵で見事にプロへの登竜門を開けることに成功。性善説を信じたくなるような明るい登場人物たちが、簡易な文章と相俟って、読み手の心を前向きに整えてくれる。オーナー募集が例の如く詐欺で、その解決には例の如く一発逆転的な魔物退治で、オチもまた例の如く……と、展開の意外性の無さが残念と云えば残念だが、レーベルは違えど、深沢美潮直系のヘッポコ・ファンタジーにプロフェッショナルな仕事を期待するものではない。穏やかな心地に着きたいときにどうぞ、な一冊。3人の看板娘たちはキャラクターとしての幅があるので(特にぶりっ子)、書き手の視点に立てば、色々な実験が出来そうなのも印象的。

第17回ファンタジア大賞 佳作:七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!/大楽絢太

category: た行の作家

tag: ファンタジア大賞佳作 OPEN 60点 大楽絢太

[edit]

page top

« 第17回ファンタジア大賞 準入選 :紅牙のルビーウルフ/淡路帆希  |  第5回スーパーダッシュ小説新人賞 大賞:黄色い花の紅/アサウラ »

コメント

こんばんは☆感想読ませていただきました!本当に感想が私と一緒でした!オチはちょっとありきたりでしたけど、でもキャラ達の行動にはすごく魅力を感じました!!!

まみ #- | URL | 2011/09/23 23:26 | edit

Re: まみ

コメント、有難うございます!

キャラクター、良かったですよね。ノン、ミニィの脱力系のキャラクターも書き分けられていましたし、ドノヴァンは女性ウケが良さそうなイメージがありました。あとは展開の工夫なんでしょうが、レヴューの通り、期待し過ぎても、と言った感じです。

Medeski #- | URL | 2011/09/24 02:48 | edit

感想は同じなのに、こういう風にちゃんとした書評を書ける気がしないという罠。
ファンタジー世界の裏方に眼を当てたことはもっと評価されていいと思う。
この本が出版された時にこういう作品は少なかった筈。
そういえば空の彼方も武器屋の話でしたね。
テイストは全く別物ですが。

ニシユウキ #- | URL | 2011/09/25 22:01 | edit

Re: ニシユウキ

コメント、有難うございます!

誉めてくれっ、俺をもっと、もっと―――誉めてくれプルプル(((´ω`))))プルプル 素晴らしいコメントを有難う。国民栄誉賞を優先的に贈るように手配しておくので、君も早急に凄いことを成し遂げてくれ。

> ファンタジー世界の裏方に眼を当てたことはもっと評価されていいと思う。
> この本が出版された時にこういう作品は少なかった筈。
> そういえば空の彼方も武器屋の話でしたね。

そうさね、珍しかったね。ただ、狼と香辛料がほとんど同時期に出てたからね。着眼点は良いけど、「商業」をテーマにした話と置くと、完成度は低かった感じじゃねえだろうか?と言っても、私は後追いなのでこの辺、ちょっと想像しています。

個人的に、空の彼方よりこっちのほうが好きですね。空の彼方はそこそこ良い話なのですが、そこそこ程度なら未読の大衆小説の名作(と呼ばれる物)を読んだほうが価値を感じてしまうので。

Medeski #- | URL | 2011/09/26 04:57 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/453-0d720f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top