ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

角川スニーカー文庫:ロードス島伝説/水野良

ロードス島伝説
1.亡国の王子
2.天空の騎士
3.栄光の勇者
4.伝説の英雄
5.至高神の聖女

answer.――― 85 点

先にお断り……ナンバリングされている関係で上記に記載しているが、個人的にファンの後押しを受けて制作された第5巻「至高神の聖女」は本シリーズの外伝として扱うべき作品だと思っている。というのも、2000年前後を境に、水野良は<スケッチ>とも云えるラフな文章で物語を綴るようになってしまったからだ。『ザ・スニーカー』誌、その他にて連載していたものをひとまとめにし、ついに<2002年>に出版された第5巻はまさにソレを証明。章が進むごとに拙くなっていく文章は、一人の作家の死に行く様を見ているようでとても痛々しい。ロードス島伝説、全4巻。著者自身、あとがきにて一度断言しているこの事実が真実である。本シリーズは『ロードス島戦記』以前、前シリーズの中で謳われる<六英雄>の物語―――と見せ掛けて、著者のあとがきを信じれば、思いつきで登場させた主人公ナシェルがあれよあれよとタイトル通り<伝説>へと駆け上がっていくストーリー。人それぞれに英雄像はあると思うが、私は本作でその像を完成させた。私にとってのヒロイズムはすべてここに描かれている。このナシェルの前では、カエサルも光武帝(←逸話が全部本物だったら人類史上最高のカリスマだと思う。英雄の「手本」のない時代に、それ以上の姿を披露している点がマジで半端ない)、チンギス、豊臣秀吉、ましてや坂本龍馬なんぞ所詮、現実の人間でしかない。―――ナシェルとは何者なのか?それは各巻のサブタイトルがすべてを物語る。すなわち、「国を失った王子」が「一人の竜騎士」となり、「百の勇者を束ねる勇者」となり、そして、「すべての英雄を超える英雄」となる―――そこには何も残らない、伝説本来の本質がここに結ばれている。第4巻の終盤、風竜に乗り、各英雄に託す言葉はもはや啓示だ。ドワーフの王に生きる意味を与えた瞬間、とうとう感涙。ライトノベルで泣かされたよ、と自身を恥じた。外伝も二作あり、そちらも粒揃い。私の英雄像を掴みたいという奇特な方は必読です。

角川スニーカー文庫:ロードス島伝説/水野良 (1994~2002)

category: ま行の作家

tag: OPEN 80点 水野良

[edit]

page top

« 2014年12月のレヴュー更新(まとめ)  |  角川スニーカー文庫:ロードス島戦記/水野良 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/461-d4626e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top