ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第5回スニーカー大賞 奨励賞:格闘少女スズ 上を向こうよ/白石かおる

格闘少女スズ
1.プロローグ
2.ラウンド 1
3.ラウンド 2
4.ラウンド 3
5.ファイナル・ラウンド
6.エピローグ

answer.――― 63 点

この小説、読み手ではなく、自分を一人の書き手としてナマクラ!Reviewするなら、思わず「200点(笑)」を与えたくなるような文章で綴られている。それがどんな文章なのかというと、……皆さんは、大英帝国が誇る労働者階級の至宝Oasisのギャラガー兄弟のインタヴュー記事を読んだことがあるだろうか?読んだことがあれば、記事のあちこちで、クソクソクソクソ……二人の口からそれは見事なクソ(おそらく、Fuck!の訳だと思われる)を吐き出しているのは御存知の通りだが、本作のヒロインたちもまた、クソにケツの穴、小便など口は災いの元ヨロシク、口は便器、口便器!と、口を開けば大量のクソを捻り込んでくる。本当、徹底的なまでにモリモリブリブリである。その目に余るクソ言葉の連発に、こっちも「このクソ野郎!クソって言うのを止めやがれってんだクソったれ!」とクソ言葉で応戦したくなるほどだ、クソっ!何故にそんなクソクソを連発するのかと言えば、本作の登場人物たちがスラム出身という設定から。……スラム出身者をどんだけ差別してんだ、この作者!?となること請け合いなのだが、ここまで最初から最後までクソクソ言ってくれると、本当に爽快。読了して見れば、トイレで大奮戦し終わえたかのような晴れ晴れした思いを体験できる。ストーリー的には、格闘技で身を立てるお話。でも、小説としての評価を受けたのは間違いなく、クソの連呼にある。とりあえず、―――クソ食らえ、ちくしょう、あばずれが!←本当に出てくる台詞。う~ん、やはり必然性を感じないのが凄い。

第5回スニーカー大賞 奨励賞:格闘少女スズ 上を向こうよ/白石かおる

category: さ行の作家

tag: スニーカー大賞奨励賞 OPEN 60点 白石かおる

[edit]

page top

« 第6回スニーカー大賞 優秀賞:明日の夜明け/時無ゆたか  |  角川ホラー文庫:クリムゾンの迷宮/貴志祐介 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/463-aec96d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top