ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第18回ファンタジア大賞 大賞:戦鬼 ―イクサオニ―/川口士

戦鬼
(あらすじ)
白みはじめた空に咆哮が響き渡る。突如として邑を襲った狗の群れは、一匹の犬の妖に統率されていた。彼らの狙いは神器と呼ばれる神々の宝具。巫女の梓も狗の牙にかかろうとしていたが、間一髪で彼女を助けたのは、処刑されるために邑に囚われていた鬼・温羅だった。「―――お前、あのときの犬か?」その妖は、仇の片割れ。家族や、仲間、穏やかで平和な日々を一夜にして崩壊させたあの男の従者。温羅は地を蹴って、妖に襲いかかった。

answer.――― 67 点

富士見ファンタジア文庫の作品には作者による<あとがき>の後ろに、<解説>という編集部より誰へ宛てたサービスか分からない口上が付いてくる。本作をレヴューするにあたって、今回はその<解説>中の言葉を少し引用させて貰おうと思う。「オニ、読んだ?」「オニ、どうだった?」「オニが面白かった」「今年は大賞が出るかも!?」―――さて、ここまでざわついて、この表紙。―――お前ら、売る気ねえだろ!?とは作者に代わる弁である。特に意味もなく<大賞>を出さないファンタジア大賞において、珍しくも<大賞>の冠を戴いた本作「戦鬼 ―イクサオニ―」。表紙も表紙なら、タイトルもまた大いに残念なライトノベルだが、ストーリーのモチーフとなっているのも我が国が誇る昔話『桃太郎』とあってはもはや閉口するしかない……のだが、なるほど、大賞作だけあって意外なまでに読ませてくれる。主人公を<鬼>、その行動目的を<復讐>とした設定。要は既存の話の善玉悪玉を逆さまに、単純明快なテーマでゴリ押すだけなのだが、これがこちらの想定以上に新鮮に読めてしまう。もちろん、犬→猿→雉→桃太郎と逆退治の運びに飽きも入る。それでも、善悪が逆になっていると、その事情(ex.桃太郎が鬼退治後、人間を虐殺していく)に対してやはり興味が出てしまう。著者もこの辺を分かっていて第三者たちの思惑も絡め、小出しにその事情を明かしていくのが上手い。上述したように吉備団子軍団との戦闘がイチイチ本格的で辟易したが、こんなつまらなそうな設定で「読ませた」著者の力量は確か。コンスタントに作品を出しているようなので、<代表作>を読んでみたいね。

第18回ファンタジア大賞 大賞:戦鬼 ―イクサオニ―/川口士

category: か行の作家

tag: ファンタジア大賞大賞 OPEN 60点 川口士

[edit]

page top

« 第18回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:闇鏡/堀川アサコ  |  第18回ファンタジア大賞 佳作:黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで/細音啓 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/466-aeffeffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top