ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第1回GA文庫大賞 優秀賞:這いよれ!ニャル子さん/逢空万太

這いよれ!ニャル子さん
1.序
2.第三種接近遭遇
3.幕間
4.未知なる学舎に夢を求めて(ロマン的な意味で)
5.幕間
6.地球の静止する日
etc...

answer.――― 60 点

出版物それ自体の数は伸びていても、売上に繋がっていない現在……衰退著しい出版業界において、堅調に売上を伸ばしているライトノベルという未開拓地は魅力的なのだろう。昨今、ライトノベル専門の新興レーベルの相次ぐ誕生が止まらない。インターネット事業、携帯電話事業において、業界の暗黙の了解を無視した0円攻勢で革命を起こし続けるソフトバンク。彼らが次に(中休み的に)目をつけたのは、出版事業だった。特段のコンセプトなく設立されたGA文庫。本作はそんなGA文庫主催の公募新人賞「GA文庫大賞」の第1回<優秀賞>受賞作品であり、『神曲奏界ポリフォニカ』と並ぶ、GA文庫の看板作品。その内容は、悪玉の宇宙人の誘拐ターゲットにされた主人公が善玉の美少女宇宙人に守られるというもの。ジャンルとしてはラブコメで、ストーリーの背景に「クトゥルー神話」をアクセントに置いているのが特徴。可愛い女の子が戦う、という昨今のライトノベラーの需要を満たすファーストフード的作風―――そのためにメディア展開も早く、また、それを見越しての編集部からの授賞が透けて見える。作品としては凡庸で、一巻の時点では決して面白いと云えるレベルではない。イラストで買った、という意見があれば説得力を持ってしまいそうな感じだ。意外なところに着目してみると、本作、終盤まで実質、主人公とヒロイン「だけ」しか登場しない。それに意味があるのかはともかく、あまり見たことのない展開に、素直に「……よく書けるなぁ」と感心してしまった。既刊で8巻。堅調な出版ペース。このあたりは、プロの仕事だね。

第1回GA文庫大賞 優秀賞:這いよれ!ニャル子さん/逢空万太

category: あ行の作家

tag: GA文庫大賞優秀賞 OPEN 60点 逢空万太

[edit]

page top

« ガガガ文庫:ラ・のべつまくなし/壱月龍一  |  第16回電撃小説大賞 大賞:幕末魔法士 -Mage Revolution-/田名部宗司  »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/474-12a61f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top