ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第5回本屋大賞 3位:有頂天家族/森見登美彦

有頂天家族
1.納涼床の女神
2.母と雷神様
3.大文字納涼船合戦
4.金曜倶楽部
5.父の発つ日
6.夷川早雲の暗躍
7.有頂天家族

answer.――― 83 点

京都を舞台に様ざまな“ええじゃないか”騒動を起こし、読者を新規開拓していく森見登美彦。本作においても、天狗に狸、そして、人間という何とも間の抜けたトライアングルを形成&採用し、化かして、吹かして、しんみり、ホロリ……そぉーれ、ええじゃないか!ええじゃないか!とやはり、やっぱりの尻上がりの大騒動を起こす。愛すべきは下鴨4兄弟、憎むべきは夷川早雲―――!といった口三味線、ベンベン!な人情馬鹿騒ぎの主役は、狸は下鴨家三男。面白く生きることを信条とし、ひたすら頑張らずに世間を渡る。初恋の相手は森見文学に付きもののマドンナ、人間は弁天。ある日、天狗にさらわれ、その天狗の地位から財宝、心まですべて奪った豪胆な女。もっとも、マドンナと云っても、著者の出世作『夜は短し歩けよ乙女』における緋鯉を背負うス―パーヒロイン・黒髪の乙女と比すれば、その存在感は譲るところ。あくまで主役は下鴨家の狸たちの人情劇であり、彼女はトリックスター的立ち位置に過ぎない。また、その魅力がイマイチなのは、さらった天狗・赤玉先生のせいもあるだろう。この赤玉先生もまた、森見文学に付きものの駄目男ながら、これがげにつまらない。冒頭、三男と天狗の寂びたやり取りが続くが、お陰さまで森見登美彦、初の失敗作!と早々に本作を認定したくなった。本当、最初から最後までつまらない天狗だった。本作は各キャラクターに張った伏線が堂に入っているのも特徴。森見登美彦というと、自慢の筆力で「ええじゃないか!」する1パターン作家の印象があったが、キャラクターの特性を活かしてきたあたりは作家としての引出しを増やしてきた感じだ。狸が主人公ということでファンタジー色が強く、冒頭の寂ビ寂ビで忌避反応を示したくなるのも十分理解出来るが、それを乗り越えられれば、伏線活かした“ええじゃないか”騒動に快哉を上げたくもなる。―――化けよ蛙、挿せよ末っ子!有頂天家族よ、永遠に!

第5回本屋大賞 3位:有頂天家族/森見登美彦

category: ま行の作家

tag: OPEN 80点 森見登美彦

[edit]

page top

« 第5回本屋大賞 2位:サクリファイス/近藤史恵  |  第5回本屋大賞 7位:赤朽葉家の伝説/桜庭一樹 »

コメント

カテゴリ

日本ブログ村でのカテゴリはどこですか?
ちょっと探せなくて。

新サスケ #- | URL | 2011/12/17 11:17 | edit

Re: 新サスケ

……カテゴリ?と首を自分で傾げてしまうあたり、1位になりたいとかブラフ気味。「おすすめ本」でした。大体6~8位くらいを行ったり来たりしていますね(笑)いつもご協力、有難うございまーす!私のほうもポチポチしております。新サスケさんが戴冠することを!

Medeski #- | URL | 2011/12/17 17:06 | edit

発見!

発見!
カテゴリを「お気に入り」にいれました。
ありがとうございます。

新サスケ #- | URL | 2011/12/17 19:33 | edit

Re: 新サスケ

わざわざ有難うございます!ちなみにこのカテゴリで1位の人、半分のポイント(他のカテゴリにポイントを振っているため)でも1位です!

Medeski #- | URL | 2011/12/17 20:58 | edit

面白きことはよきことなり!

ごめんなさい!名前書くの忘れてました(汗)

私も読み始めは、テンポも悪くてなんだかなぁ~、
と思った記憶があります。
でもすぐに狸の可愛らしさにやられてしまいました。
偉大な(?)父とは違って、一匹一匹は出来そこないなんだけど、
家族が集まれば最強の下鴨一家が素敵。

確か続編があるはずなんですけど、どうなっているのかな?
早く続きが読みたいですね。

ちゃき #mQop/nM. | URL | 2011/12/25 23:51 | edit

Re: ちゃき

おっと、わざわざ名前を入れてのコメント、有難うございます!

とても品のあるコメントだったので、ちゃきさんぽいと思っていたのですよ(スゲー適当な発言)!

> 私も読み始めは、テンポも悪くてなんだかなぁ~、
> と思った記憶があります。

やはり出だしはかなり印象が悪いですよね。この作者、スロー―スターターの気がありますので我慢していたのですが、予想通りのアップビートになってくれて個人的に満足しました。蛙の兄貴の暴走っぷりは大いに気に入りました。どうせ、化けるんだろうな、と思ったら暴れ方が凄かった。

> 確か続編があるはずなんですけど、どうなっているのかな?
> 早く続きが読みたいですね。

あるらしいですね。家守綺譚ほど気に入っていないので、本屋大賞などでランクインするだろうからそれまで待つ次第です。

Medeski #- | URL | 2011/12/27 03:33 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/491-a86aba51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top