ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

角川文庫:GOSICK ―ゴシック―/桜庭一樹

gosick,1
1.プロローグ 野兎を走らせろ!
2.金色の妖精
3.暗い晩餐
4.幽霊船 <QueenBerry号>
5.<野兎>と<猟犬>
6.ゲーム・セット
7.その手を、離さない
8.エピローグ 約束

answer.――― 71 点

レヴューを書くに当たって、私がまず始めにすることはamazonのレヴューのチェック、そして、相互リンクして頂いた方々のなかでその作品をレヴューした記事の有無をチェックすることである。そうして、もやもやとした己の感想を文字に起こしていく訳だが、本作においては、―――これだ、これが言いたかった!と膝を打ちたくなった一文を相互リンク【広げられた世界を歩く】にて見つけた。もはや、私はそれで本作を語る言葉を失った。そのレヴュー、その一文をまんま転載すれば良いじゃねえか、と結論付けた。本作のレヴューはその一文で事足りるのである。勿体ぶっても仕方ない、その一文を万雷の拍手を伴ってご登場願おう( ´∀`ノノ゙☆パチパチパチパチ!! 私の膝を打った一文、それは―――<ヴィクトリカちゃんブヒィィ>であった。そう、本作は深窓の令嬢であり、安楽椅子探偵ヴィクトリカ・ド・ブロワを愛でるための萌えノベルだった。推理小説の体こそ採用しているが、大したトリックも用意されていないのだから、そんなものはどうでもいいのだ。ヴィクトリカちゃんがいれば良い、それで満足だ。―――ヴィクトリカちゃんブヒィィ!―――ヴィクトリカちゃんブヒィィ!と頁をめくる度、我らは肥えた読豚として嬌声を挙げればいいのである。とりあえず、にとりさん、……ごめんなさいm(__)m 画像は富士見ミステリー文庫ではなく、角川文庫版を採用。

角川文庫:GOSICK ―ゴシック―/桜庭一樹 (2003)

category: さ行の作家

tag: OPEN 70点 桜庭一樹

[edit]

page top

« The Glorious Burden/Iced Earth (2004)  |  第10回電撃小説大賞 大賞:塩の街 wish on my precious/有川浩 »

コメント

ふははは(笑)
それがね~①は大したことないんだけど、
②から先にはもう読む手が止まらないっ!!
で、最終巻なんて泣きすぎて鼻垂らしながら読みましたよ(爆)
そのくらいのめり込みました。
ヴィクトリカを可愛いと思うのならば絶対最終巻まで読んで~。
と、切なる願いですヽ(´∀`*)ノ

igaiga #mQop/nM. | URL | 2011/12/29 09:08 | edit

いつも具体的で深みのあるMedeskiさんのレビューがいきなり酷過ぎて(褒め言葉)思わず吹いてしまいましたw

1巻は本当にヴィクトリカに萌える為だけの内容になってるのですが、巻を追うごとに内容も面白くなってくるので、もしかしたら1巻はツカミのためだけにあったんじゃないのかすら疑ってしまいます。
私はビーンズ文庫版をゆっくり追っかけることにします。個人的にはイラストあってのGOSICKだと思ってるので。

にとり #X.Av9vec | URL | 2011/12/29 20:55 | edit

Re:igaiga

コミャント、ありゃりゃーとーごじゃーますぅ!

>②から先にはもう読む手が止まらないっ!!

何やらこの作品はそうらしいですな!ブヒィ!とか言ってればいいだけの小説ではないということは、ますます桜庭一樹の評価が上がりそうです。対抗馬の有川浩が個人的にイマイチなので期待してしまいますね。分かりました、読んで見せましょう!期待して(←ボクが抱くという意味です)!

Medeski #- | URL | 2011/12/31 03:00 | edit

Re: にとり

カリスマに、敬礼!

> いつも具体的で深みのあるMedeskiさんのレビューがいきなり酷過ぎて(褒め言葉)思わず吹いてしまいましたw

いやいや、にとりさんの名レヴューを読んだ後には続ける言葉ありませんでしたよ。本当、素晴らしいレヴューでした。サンプリングしてしまい、申し訳ございません!

> 1巻は本当にヴィクトリカに萌える為だけの内容になってるのですが、巻を追うごとに内容も面白くなってくるので、もしかしたら1巻はツカミのためだけにあったんじゃないのかすら疑ってしまいます。
> 私はビーンズ文庫版をゆっくり追っかけることにします。個人的にはイラストあってのGOSICKだと思ってるので。

確かに、イラストもグッジョブのようですね。次巻以降、私も興味を持ちましたので是非読もうと思います!

Medeski #- | URL | 2011/12/31 03:02 | edit

桜庭一樹さん

Medeskiさん、どうもです!
桜庭一樹さんの小説はいくつか読んだことがあり、「GOSICK」も書店で見かけて、装丁が好みなので読んでみたいと思っていたんです。
読んだことがある桜庭作品は「荒野」「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」「青年のための読書倶楽部」なんですが、「GOSICK」はラノベになるんですか?
書店ではラノベコーナーになかったもので。
ドSのヴィクトリカのキャラ萌え小説でなければ読んでみたいのですが…(;^ω^)

まなみ #R63KSl6. | URL | 2012/01/09 18:22 | edit

Re: まなみ

コメント、390831!

>「GOSICK」はラノベになるんですか?
大衆小説―――というよりも、ラノベちっくなミステリー書籍だったのですが、キャラクターの魅力が強いのでライトノベルとして挿絵が付いて再出版されました。一巻に関して云えば、面白いライトノベルですが、二巻以降は皆さんの推しっぷりを考えると、非常に面白いライトノベルと言ったところではないでしょうか。―――大衆説に通じるライトノベル、って感じですかね。ボクはブヒブヒ、ヴィクトリカ!出てこい!と読んでいました。

Medeski #- | URL | 2012/01/10 09:45 | edit

こんばんは。GOSICK読んでみました~。
なるほど、たしかにヴィクトリカのキャラに支えられた一冊、といった感じの作品でしたね。彼女がツボにハマらないと、そこそこ面白いライトノベルでしかないかも、という気がします。

他の方の感想からすると、一作目はやはりシリーズイントロダクション的な作品のようなので、なんとも言えないところですが、個人的にはアニメちっくなキャラクター設定にはあまり惹かれるものがなかったので、続きが読みたい、という欲求は正直あまり感じませんでした。

でも2作目以降が面白いようなので、せっかくだから読んでみようかなぁ、と思ったり。

Medeski さん、先に読んで、是非感想を聞かせてくださいな♪ 

ちゃき #Qi8cNrCA | URL | 2012/10/09 21:29 | edit

Re: ちゃき

コメント、有難うございます!

実は、私もちゃきさんのブログは閲覧済みで、見事に感想がかぶっていたので「おっ、こりゃ都合が良いぞ!」と思っていたら、

> Medeski さん、先に読んで、是非感想を聞かせてくださいな♪ 

―――きたねえ!それ、俺も考えてたのにwww ちゃきさんが本当に感覚的に同じだったので、その人が推してくれりゃ是非とも読んでみたいところだったのですが、やっぱり全10巻ともなると二の足を踏みたくなりますよね。そして、ラノベ(らしいラノベってわけじゃないにせよ)って三十路近くにもなると、さすがに読む気が起きない。いや、レヴューの通り、意地で読んでるんですけどね本当。でも、興味があるのは事実なんですよね。本当に面白いらしいので。うーん、先に読んで下さいよぉ

Medeski #- | URL | 2012/10/09 23:03 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/499-1587f596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top