ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第5回本屋大賞 7位:赤朽葉家の伝説/桜庭一樹

赤朽葉家
1.最後の神話の時代 一九五三年~一九七五年 赤朽葉万葉
2.巨と虚の時代 一九七九年~一九九八年 赤朽葉毛毬
3.殺人者 二〇〇〇年~未来 赤朽葉瞳子

answer.――― 79 点

読書中とその読了後に印象が全く変わる作品がある。『GOSICK』で一躍名を馳せた桜庭一樹、<ヴィクトリカちゃんブヒィィ>とその人気に気押されるように、相次いで各権威が「……受賞させちゃう?」と慄いたのが本作「赤朽葉家の伝説」。文学というジャンルにおいて評価されやすい事象のひとつに<時間の経過>を描くことが挙げられるが、本作では旧家である赤朽葉家を中心に戦後から現代までの五〇年余りを三部構成で描いている。作家にとって作中で時間を流すことは存外難しいもので、それが五〇年ともなると当たり前のように間延びしたり、ともすると逆に展開に突飛な印象を与えてしまうため、適当なバランス感覚―――割り切りを求められるのだが、そこは桜庭一樹。自慢の筆力で見事に対応している。しかしながら、その筆力で強引に「読まされた」のも事実。各所で諸手を挙げて礼賛される第一部に比べ、残りの二部は出てきたモグラを叩くように、手厳しい評価が並ぶ。それというのも、本作のエンターテイメント性が赤朽葉家同様、第一部からのヒロイン<赤朽葉‘未来が視える’万葉>に支えられているからだ。故に、赤朽葉万葉がフェードアウトしていくと、何を楽しんで読んでいたのか読者自身、見失ってしまう。ただ、桜庭一樹の筆力が高いために「何となく」読めてしまうのだ。この「何となく」の正体こそ<時間の経過>で、作中で時間が流れていると、読者は知らず読めてしまうのですよ、と。そうして、勢い込んで本を閉じると「……ん?第一部以外、あんま面白くなかったような?」という真実に気づく訳です。読了してみれば画竜点睛欠くものの、出来は十分。文学賞に受賞ないしノミネートされた事実についても考察出来る一冊。

第5回本屋大賞 7位:赤朽葉家の伝説/桜庭一樹

category: さ行の作家

tag: OPEN 70点 桜庭一樹

[edit]

page top

« 第5回本屋大賞 3位:有頂天家族/森見登美彦  |  第5回本屋大賞 8位:鹿男あをによし/万城目学 »

コメント

パラリラパラリラ・・・でしたっけ?(笑)
まさかのパラリラでしたね。
タイトルのイメージから想像が出来なかったです。
最後の孫の章はイマイチでしたが、
1部2部はなかなか面白く読みました。
もっと何って言うか、重い本かと思って敬遠してたのです。
上下組みだったし(それだけで敬遠の理由になります 笑)
でも読んだらあっという間でしたね。

igaiga #mQop/nM. | URL | 2012/01/14 22:17 | edit

Re: igaiga

コメント、有難うございます!

> 最後の孫の章はイマイチでしたが、
> 1部2部はなかなか面白く読みました。

これ、凄い分かります。私も2部は凄い惹かれながら―――凄い勢いで読みました。実際、面白かったですね。ただ、よくよく考えてみると、期待してたのは万葉と長男だったりの、ナンダカンダで万葉中心でした。パラリラも寝取りも旧家らしい絡まった感じで斬新だったんですけどね。

三部は驚くほどつまらなかったです。なんちゅーか、謎になっていなかったのが残念。

Medeski #- | URL | 2012/01/15 05:23 | edit

頭でっかち...

頭でっかち尻つぼみ、の典型みたいな作品でしたね~、これは。
個人的にはあまりのステレオタイプ的な若者像に???
な印象が強く残って特に2部が好きじゃなかったんですが、
ここは好みですね、きっと。

1部が良かっただけに、読後、凄く残念に思った作品でした。
正直、1部で力尽きた(それともページが尽きた)か?
と思ってしまった...。
それでも(1部のためだけにでも)読む価値はあると
思うので、全体としては悪くない作品といえるのかな、と思います。

ちゃき #mQop/nM. | URL | 2012/01/15 12:43 | edit

Re: 頭でっかち...

コメント、有難うございます!

> 頭でっかち尻つぼみ、の典型みたいな作品でしたね~、これは。
> 個人的にはあまりのステレオタイプ的な若者像に???
> な印象が強く残って特に2部が好きじゃなかったんですが、
> ここは好みですね、きっと。

これまた、共感出来るコメントですね。私は3部に関してはイライラしながら読みました。3部読んでる途中かな?この話、やっぱりつまんなくね?と気づいたのは。2部は私のなかで桜庭一樹のパワープレイ(力で読ませるところ)が興味深く気に入っていたんですが、力尽きてましたね。レヴューでも書いたのですが、時間を流したは評価したいところなので、点数高めに置きました。

二部は兄貴の視点にして欲しかったなぁ。三部は部外者が「瞳子」に「不思議な力があるんじゃね?」と迫るとか視点の工夫があったらまた違った展開になったかもしれませんね。勿体無い作品には違いない。


> それでも(1部のためだけにでも)読む価値はあると
> 思うので、全体としては悪くない作品といえるのかな、と思います。

Medeski #- | URL | 2012/01/15 13:07 | edit

旧家である赤朽葉家を中心に戦後から現代までの五〇年余りを三部構成で描いてい

これは興味が出てきました。
たまりにたまった課題が終わったら読みます

停車男 #- | URL | 2012/01/16 22:15 | edit

Re: 停車男

コメント、有難うございます!

> 旧家である赤朽葉家を中心に戦後から現代までの五〇年余りを三部構成
> これは興味が出てきました。

1章に関しては、ポップな方面とライトノベルには無い格調高さのようなものを感じますが、……停車男的にはさて、どうでしょうか。50年を描いている点は、事実としてチャレンジに富んでいて、素晴らしいものを感じられると思われますワ。いや、成功しているかは読んだ人によりますけどね!

Medeski #- | URL | 2012/01/18 16:15 | edit

日々雑記

こんにちは。

ご無沙汰ですが、人生楽しみです。
久々の本屋大賞。嬉しく拝見しました。
桜庭さんの筆力にして、最後の第3部まで及ばないとの見識、さすが正統派レビュワーのひとことです。実は、この本も読んでみようと思っていたのですが、今回は悩んでいます。点数を見ると食指が動きますが、レビューを見ると・・・・。
またお邪魔しますので、正統派レビューを宜しくお願いします。

人生楽しみ #- | URL | 2012/01/18 22:58 | edit

Re: 人生楽しみ

お久しぶりです!コメント、有難うございます!

> 久々の本屋大賞。嬉しく拝見しました。

今週末は本屋大賞作品をレヴューするので、宜しければお出で下さいませ~。

> さすが正統派レビュワーのひとことです。実は、この本も読んでみようと思っていたのですが、今回は悩んでいます。点数を見ると食指が動きますが、レビューを見ると・・・・。

何か持ち上げられてる ヮァ━w(〃゚∀`,,)w━ォゥ♪ 置いておいて、私の配点は面白い云々も確かに関わっているのですが、相対的に他の作家が<出来ないこと>をしていると判断すると、点が高まります。本作の場合は、50年の時間経過ですね。一章はライトノベル的なキャラクター性と掴み(人が首が飛ぶシーンを視るとか)があるので、読みやすくて良いですよ。あ、三浦しをんは読んだことあるでしょうか?土日にアップする予定ですが、本屋大賞でランクインした「風が強く吹いている/三浦しをん」は89点です。推薦tagつける(予定です)くらい楽しめました。未読でしたら、そちらをどうぞ。

Medeski #- | URL | 2012/01/19 05:22 | edit

はじめまして

私も最近この本を読みました

画竜点睛に欠けていたその理由は
ズバリ、百夜にストリーキングが遺伝されなかったためと思われます。
あの特異遺伝子を受け継いでいたら、物語の後半がもっと面白くなっていたのに・・・

ysgr #WwsFi/EQ | URL | 2012/03/07 21:29 | edit

Re: ysgr

こんばんわー!コメント、有難うございます!

> 画竜点睛に欠けていたその理由は
> ズバリ、百夜にストリーキングが遺伝されなかったためと思われます。
> あの特異遺伝子を受け継いでいたら、物語の後半がもっと面白くなっていたのに・・・

ああ、これは確かに言えますね。素っ裸の暴走は確かにオチとしてはして欲しかったかもしれません。そうすることで、同じ道を辿るってことになりますものね。

Medeski #- | URL | 2012/03/07 21:44 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/501-328953e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top