ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

ガガガ文庫:とある飛空士への追憶/犬村小六

とある飛空士への追憶
「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」
「次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、中央海を単機敵中翔破せよ」

answer.――― 77 点

本作の登場は、センセーショナルだった……それは1つに限らず、幾つもの要因が挙げられるのだが、個人的に一番衝撃を受けたのはAmazon運営推しという、例えるなら東西冷戦真っ只中のベルリンの壁に神風が吹きつけて文字通りの風穴を空け、あまつさえ東ドイツに好景気をもたらしたが如き出来事だ。神風が吹いたのだから当然、売れた―――そして、そこからさらに売れた。そう、本作、本当に面白かったのが読者の南極大陸が消滅したが如きセカンド・インパクトだった。『温故知新』、本作が掲げた旗に書いてある言葉である。温故とはファンタジーであり、知新とは空を駆る飛空機である。空を舞台にしたファンタジーで本作ほどの成功を収めたライトノベルを私は知らない。物語は、貧民出身の傭兵飛空士シャルルが軍より密命を受け、次期皇妃フアナを敵が支配する制空圏を潜り抜け、皇子カルロの元へ届けるというもの。前半の作中世界の地理語り、歴史語りは羅列に近くアマチュア的で、製本されている事実がなければ読む気もしないだろうが、姫を後ろに乗せた後半からはめくるめく逃『飛』行。絶対劣勢の展開、スピード感溢れた描写が秀逸だ。ラストシーンはホロリと苦みを利かせたハッピーエンドで、愛に生きる主人公が傭兵の『すべて』を捨てて行うアクロバット飛行を堪能出来る。前半のスロースタートを見事に忘却する大団円―――ガガガ文庫のエース、その誕生の瞬間だった。ファンタジー好きを標榜するライトノベラーは必読の一冊。

ガガガ文庫:とある飛空士への追憶/犬村小六 (2008)

category: あ行の作家

tag: OPEN 70点 犬村小六

[edit]

page top

« 第5回本屋大賞 9位:私の男/桜庭一樹  |  SD文庫:りっぱな部員になる方法。 2)マジカルミステリーツアーへようこそ/午前三時五分 »

コメント

あちこちで高評価ですよね。映画化もされたので、昨年から気になっていました。ライトノベラーではないですが、読んでみたいです。

ゆう #svfWGCro | URL | 2012/01/26 09:20 | edit

Re: ゆう

コメント、有難うございます!

前半こそモタモタしていますが良作ですので、ハズれないと思います。映画は大コケしてしまったようですが、それは制作側の勘違いですね。内容云々はおいて、映画にして観てみたいと「作り手」は思えても、「読み手」はそう思う要因がありません。<美しい>場面を再現したいのは、あくまで作り手というワケです。読み手は何を再現して欲しいのか考えりゃ分かるだろうに。

Medeski #- | URL | 2012/01/26 16:02 | edit

最近いいって聞きますね。読んでみようかな

停車男 #- | URL | 2012/01/26 22:19 | edit

Re: 停車男

コメント、有難うございます!

これをつまらないというのは、なかなか難しいと思うので手を出してみても大丈夫だと思いますよ。その際は、レヴュー期待しておりますワン!

Medeski #- | URL | 2012/01/27 04:37 | edit

映画はとにかく酷かったですが、原作は本当に素晴らしいです。
去年読んだ時、長い事読まなかった自分が恥ずかしかったです。

にとり #X.Av9vec | URL | 2012/02/04 16:13 | edit

Re: にとり

コメント、あざーす!

とにかく酷いってのはまた、どうしょうもなさげですね。私のなかでは飛行シーンと砂巻いているところはそこそこ制作者側も書きたかっただろうからそれなりだと思っているのですが、まさか逆かな?個人的には前半にもう少し読ませる工夫が欲しかったですね。もちろん読めるのですが、構成美という観点では旧態的でジャンルとしての進歩がありません。読みやすさの発展がライトノベルの持つ唯一の文学性と私は期待しているので、そういう意味では残念な作品でした。……クソ真面目に勉強した直後だから、コメントが小便垂れな内容で申し訳ない。単純に、話としては80点なのよねこの作品。

Medeski #- | URL | 2012/02/04 17:16 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/516-ffbe7fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top