ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

このライトノベルがすごい!(2010年版) 1位:バカとテストと召喚獣/井上堅二

バカとテストと
1.第一問
2.第二問
3.第三問
4.第四問
5.第五問
etc…

answer.――― 78 点

デビュー以来、「このライトノベルがすごい!」にランクインし続ける人気シリーズであり、その総売り上げは500万部突破というファミ通文庫の誇る超級エース『バカとテストと召喚獣』。その概要は教室の設備がランク付けされる実験校を舞台に、卓袱台、座布団、腐った畳というFクラス(最下層)の待遇に不満を覚えた生徒たちが巻き起こす下剋上劇。テストの点数に応じた強さを持つ召喚獣を駆使してのクラスの入れ替え戦が物語の中核を担うわけだが、本作が支持されるのは、―――これぞライトノベル!その醍醐味!と喧伝したくなる登場人物たちのリズミカルなやり取りだろう。1ページに3ギャグという見事なデンプシー・ロールを放ちながら、「このライトノベルがすごい!」の男性キャラクター部門で2年連続トップ(且つ、女性キャラクター部門でも連続ベスト10入り)を飾る木下秀吉を筆頭に、キャラクター群は誰もが常夏陽性。序盤から終盤まで終始一貫して良質のコメディを提供してくれる。本作はいわゆる<ギャグ小説>に分類されるわけだが、その同系統の作品に挙げられる『生徒会の一存』と異なるのはストーリーがあることだろう。ギャグ小説は概してストーリーの工夫に乏しいが、本作は都合三度の入れ替え戦に戦術らしい戦術を用意したり、惚れた腫れたを整えたりと、創作物の主要要素全部入りしているのも魅力だ。ただ、ギャグ小説だけあって振り返ってみると、何にも残らないのが玉に瑕。瞬間的な楽しみを得るために読むのがベストだろう。一人称で読みやすく、随所にギャグが盛られているが、描写が苦手なのか校内構造が最後まで把握出来なかったのはマイナス項目。しかし、いきなりボコボコ容姿になる漫画的ギャグと台詞を盾矛にした小説的ギャグのハイブリットは、売上から考えてもギャグ小説の完成形に近い。大いに楽しめました。個人的には、ムッツリーニの活躍に胸が踊ったわ。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 1位:バカとテストと召喚獣/井上堅二

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 井上堅二

[edit]

page top

« 電撃文庫 :〔映〕アムリタ/野崎まど  |  このライトノベルがすごい!(2010年版) 2位:化物語/西尾維新 »

コメント

バカテスは読みたいラノベの一つなんですよね。もうすぐ終わりも
近いらしいのでどうなるんでしょうね。アニメは1期2期ともに見てますが、売り上げ的にはいまひとつですが、まあまあの出来でした。
原作のストックはありそうなので3期やって欲しいですね。

こげぱん #- | URL | 2012/02/09 01:47 | edit

Re: こげぱん

コメント、有難うございます!

> アニメは1期2期ともに見てますが、売り上げ的にはいまひとつですが、まあまあの出来でした。
おお、アニメではダメなのですね。小説のほうもamazonレヴューからだと賛否両論って感じで、合わない人にはとことん合わないようですね。私は案外とベタが好きなので、笑わせてもらいましたが。こげぱんさんは如何に??

> 原作のストックはありそうなので3期やって欲しいですね。
ファミ通文庫的には行く気満々なんじゃないでしょうか。アニメって制作会社が枠と原作を買っている仕組みらしいので、制作会社の損得天秤次第なんでしょうけど。どんなモンなんだか私は一期から見てみたくなっています。

Medeski #- | URL | 2012/02/09 08:09 | edit

Medeskiさん こんばんは。

 先程は拙ブログにアクセスいただき有難うございました。
 先月末の「決意」を読みましたが、今月のレビューの嵐にはすごい勢いを感じます。内容も充実、読み応えもありますね。この調子で、これからも面白レビューを宜しくお願いします。本屋大賞からも再度の登場を大いに期待しています。
 それでは、またお邪魔します。

  

人生楽しみ #- | URL | 2012/02/09 19:39 | edit

Re: 人生楽しみ

お早うございまーす!

>先月末の「決意」を読みましたが、
この文を読んだとき、Medeskiは思った―――(俺、何か言ったけ??)―――はい、あの決意、決して忘れません!

>この調子で、これからも面白レビューを宜しくお願いします。本屋大賞からも再度の登場を大いに期待しています。
有難うございます!本屋大賞は今月はちょっとしないかもしれません。一応、何冊かは読んであるのですが、今月は富士見ファンタジア文庫とSD文庫、そして、ファンタジーノベル大賞を消化する予定です。人生楽しみさん的にはイマイチのラインナップになると思われますので、月末の更新情報のときにでもふらり立ち寄って頂ければ幸いです。私もブログにふらりまた寄らせて頂きます!

Medeski #- | URL | 2012/02/10 04:35 | edit

日常系が常にゆるゆるなのに対し、常にクライマックスな勢いのあるのがバカテスだと思ってます。
ただし物語の谷山が無いのは他の日常系と同じ(日常系は常に谷・・・というかゆるやかな大地、バカテスは常に山)なのでそこが評価が分かれてるところなんでしょうね。

にとり #X.Av9vec | URL | 2012/02/11 22:57 | edit

Re: にとり

コメント、有難うございます!

>物語の谷山が無いのは他の日常系と同じ(日常系は常に谷・・・というかゆるやかな大地、バカテスは常に山)なのでそこが評価が分かれてるところなんでしょうね。

なるほど、確かーに!と思わせるコメント。常に山ってのは面白いですね。谷があるとどうなるんだろう、と考えさせられました。それとも続刊ではあるんですかね?周りに80点は高いって指摘されているので、アクセルワールドも別に80点じゃないけど、出来が一定だから80点と説いているMedeskiです。バカテスも同じであります!

Medeski #- | URL | 2012/02/12 09:17 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/525-1d7b99be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top