ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第6回スーパーダッシュ小説新人賞 大賞:鉄球姫エミリー/八薙玉造

鉄球姫エミリー
(あらすじ)
王女ながらも、通常の鎧の三倍の装甲を誇り、輝鉄と呼ばれる鉱石により爆発的に身体能力を向上させる鎧、大甲冑を纏い、鉄球を振り回す少女エミリー。弟王との玉座を巡る争いを避けるために、辺境に身を置くエミリーだが、なおも陰謀の手は迫る。弟王派から放たれた黒い大甲冑に身を包んだ暗殺者、亡霊騎士。その突然の襲撃が屋敷を襲う。エミリーを護るために命さえも懸ける護衛騎士、装甲侍女たち。美しき王女を巡る死闘の行方は……!?

answer.――― 44 点

(;゚д゚)ポカーン―――空いた口が塞がらないとはこの事だ。コンクリート・ジャングルの現代で出会ったブロントサウルス(@実は居なかった!)的作品。出版年度は2007年でありながら、ライトノベルの書き手担い手が居なかった90年代初頭を思わせるアマチュア臭爆発した機微のない文章が酷い。タイトルから想像出来る通り鉄球を振り回して物語の解決を図る豪快なお姫様を主人公にした本作は、下ネタを取り入れるモダニズムを導入しているが、そこから先は頑固なまでに原理主義。どシリアス、壮大な(作者の)Fantasy一方通行だ。同じ種類の葛藤を繰り返すなど、構成上の工夫が乏しいのが作品として厳しい。ただ、どシリアスだけあって登場人物がほとんど死んだりの「……本当の、本当の戦場は残酷なんだ!」的バッドエンドのスパイスがあるので、その辺をプラス査定しても良いかもしれない。がしかし、編集部(あるいは、下読みか?)はどういう意図で本作を最終選考まで残したのか……いや、これは完全に一次落ちだろ?第3回で片山憲太郎の『電波的な彼女』に<大賞>を受賞させない時点でどうかと思っていたが、……いや、これは(;゚д゚)ポカーンだわ。無駄に多い頁数も含め、遠慮したい作品。90年代のライトノベルの平均像を近年のライトノベルで知りたい人はどうぞ。

第6回スーパーダッシュ小説新人賞 大賞:鉄球姫エミリー/八薙玉造

category: や行の作家

tag: スーパーダッシュ小説新人賞大賞 OPEN 40点 八薙玉造

[edit]

page top

« 第18回ファンタジア大賞 佳作:黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで/細音啓  |  第6回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:ガン×スクール=パラダイス!/穂邑正裕 »

コメント

おはようですの♪

あ~これか……なんだか懐かしいな……
読もうとして、でもなんだかとてつもない地雷臭がいたから結局読まなかったんだよね。

それで正解だったことがレヴューを読んではっきりした(笑

パワードスーツ的なもののガチンコバトルは好きだけど、どうやらこれは頂けないようだ。
うん、実に残念。

ラナフェリア #T7ibFu9o | URL | 2012/02/11 10:58 | edit

Re: ラナフェリア

コメント、あざーす!

> 読もうとして、でもなんだかとてつもない地雷臭がいたから結局読まなかったんだよね。
大正解です。もっとも、立ち読みで出来る我慢の10Pで分かりますけどね。あ、これは無理だって。私はレヴューのために読みました。お腹一杯過ぎて戻しそうです。

> パワードスーツ的なもののガチンコバトルは好きだけど、どうやらこれは頂けないようだ。
ガチンコバトルをするなら、ファーストフード盛る今の時代に合わせた工夫をして欲しいですね。ロードス島やオーフェンも今の人達には受け入れられないでしょうからね。読めるよ!という人ももちろんいるでしょうけど、嘘つけ、と応じたくなりますね。そういう人には武者小路実篤を読めるか訊きたいです。

Medeski #- | URL | 2012/02/11 21:53 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/529-ceeb21a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top