ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第9回スニーカー大賞 優秀賞:タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔/六塚光

タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔
(あらすじ)
最近、平磐は青い手袋姿の撲殺魔で話題騒然……って、最新の犠牲者は僕なのか!?主人公の三鶴城大助、通称・三助は隣家に引越してきた少女夏月に誘われた公園で、噂の怪人に殴られる。その正体は……夏月!?彼女は自分の幽体から武器を生みだせる異能者タマラセで、市内に急増するタマラセの力に目覚める者を止めるためやってきたのだ。可愛い怪力娘に頼られた三助は奇妙な能力者との戦いに突入する!

answer.――― 71 点

女児向けアニメを視聴することはまずないのだが、日曜のぼんやりとしたひと時に、リモコン片手にTV番組をザッピングしていれば、出会い頭の事故のようにそんな番組に辿り着くこともある―――『ふたりはプリキュア』、私はこの番組で同じくアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』における最強の使徒ゼルエルが捕食されるシーン以来の衝撃を受けた。そのシーンとはズバリ、ヒロインが殴って敵を倒す!というデカダン極まりない“肉弾戦”に他ならない。……ナニコレ?である。とりあえずエンディングが流れるまでの5分間は完全に思考はフリーズし、その後に「……日本が危ないっ!」と祖国の倫理について憂えたのは言うまでもない。しかし、ここにも敵を殴って戦う珍種のヒロインが一人。己の幽体を凶器へと変え、善事、ともすると悪事を働く魂裸醒(タマラセ)。自宅の隣へ引っ越してきた八阪井夏月は、実は夜な夜なカイゼル髭とターバンで変装し、「撲殺魔」として昼間に発見した魂裸醒たちを成敗していた!なんてストーリー。涼宮ハルヒ旋風が巻き起こらんとしていた時期のため、埋もれてしまった感はあるが、本作は隠れたライトノベルの良作。文章は派手さこそないが、それだからこそ(……巧い)と諸所で唸らせてくれる。コメディセンスも抜群で、主人公の発現させた魂裸醒「パープル・シックル」が太鼓のバチだった瞬間、そして、後半に棍へと成長した瞬間は爆笑せざるを得なかった。凡庸であることを推す主人公は多いが、本作の主人公は己の常識人っぷり―――己の凡庸さを何となく嫌う珍しい形なのも良い。コメディをベースにしながらシリアスなストーリーとして本作を捉えられるのは、事実上の「殺人」を主人公サイドが行うため。読了してみれば、よく練られている印象を持つことになるだろう。ただ、如何せん、破綻らしい破綻が女の子が殴って戦う以外に無いため、ライトノベルにしては地味には違いない。それでも、良作は良作。各レーベルにはこういう地力の備わった作家にこそ光を当てて欲しい。

第9回スニーカー大賞 優秀賞:タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔/六塚光

category: ら行の作家

tag: OPEN 70点 六塚光 スニーカー大賞優秀賞

[edit]

page top

« 第10回スニーカー大賞 奨励賞:マキゾエホリック Case1:転校生という名の記号/東亮太  |  第9回スニーカー大賞 優秀賞:タイピングハイ!/長森浩平 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/556-c500a332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top