ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第18回電撃小説大賞 金賞:あなたの街の都市伝鬼!/聴猫芝居

あなたの街の都市伝鬼!
(あらすじ)
民俗学者を目指して都市伝説を調べている高校生・八坂出雲。「ムラサキカガミ」の研究をしながら誕生日を迎えた彼のもとに、伝説と同じ怪奇現象が発生!そして出現したのは『都市伝鬼』ムラサキカガミを名乗る少女だった。都市伝説を愛する出雲は、彼女たち都市伝鬼を一冊の本に編纂することになるが……それを聞きつけた伝鬼たちが、続々と出雲の前にやってきた!少し怖くて、とっても可愛い都市伝鬼たち山盛りで贈る、ほんわか怪奇譚。

answer.――― 58 点

―――いつかスピンオフ書かせてください!とは、電撃文庫における妖怪ライトノベルの第一人者・峰守ひろかずの弁。近年の電撃小説大賞の受賞作には現役の作家陣の推薦文が書かれた帯が巻かれているが、自分のジャンルと被ってきた新人を推薦する気分はどんなものなのだろうか?襲い来る都市伝説は、とっても可愛い女の子たち―――歴史浅い<都市伝説>を編纂するという設定は興味深いもので、その蒐集する都市伝説も「ムラサキカガミ」「コトリバコ」「ジェットババア」……と、どれもが平成生まれと推測されるものばかり。「ジェットババア」なんてのは、私としては「ターボばあちゃん」のほうが耳馴染みが良いのだが、その辺の齟齬も含めて楽しめた。もっともアイディアは良くてもストーリーのほうは平均か、それ以下なのが残念。というのも、本作は「都市伝説を編纂する」ために動くストーリーではなく、「都市伝鬼(女の子)が寄ってくる」という体のため、実のところ、ライトノベルによくある萌え小説であり、読者は己の分身である文系主人公がモテモテなのを楽しむ構造だからだ。終盤は妖怪vs都市伝説となるのも、ライトノベル的<お約束>。未読だが、レヴューサイトを回っていると、MF文庫Jの『101番目の百物語』が引き合いに出されているので、本作を読むなら先達らしいそちらを読むほうがベターなのかもしれない。繰り返すが、編纂する、というのはアイディア的には面白いので、続編があるならば著者はそちらで煮詰めてみては如何だろうか?あとは、平坦な展開よりは無理のある凸凹の展開のほうがライトノベラーは喜ぶことをよく理解しよう。

第18回電撃小説大賞 金賞:あなたの街の都市伝鬼!/聴猫芝居

category: か行の作家

tag: 電撃小説大賞金賞 OPEN 60点 聴猫芝居

[edit]

page top

« 第18回電撃小説大賞 大賞:エスケヱプ・スピヰド/九岡望  |  第18回電撃小説大賞 銀賞:ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー/三河ごーすと »

コメント

やっぱデビュー作は粗くても尖った作品ですよね、わかります!

101番目の百物語読んでたので気にはなりましたが、今年はウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネーを追っかけます。

にとり #X.Av9vec | URL | 2012/04/22 15:10 | edit

Re: にとり

コメント、有難うございます!

> やっぱデビュー作は粗くても尖った作品ですよね、わかります!

この第18回、本当に久々にレベルが高いですね。大賞作を読んでいるのですが、久しぶりに「巧いな」とつぶやいてしまいました。この金賞の作品にしたって、序盤は程良くまとめられているので酷評しなくても良かったんですが、如何せん、展開に波風が起こらな過ぎました。適当に一人称がお上手なのでもう少し期待した買ったんですが……まあ、いや、今回はレベルが高い。

> 101番目の百物語読んでたので気にはなりましたが、今年はウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネーを追っかけます。

正直、ラノベ好きの人たちがあの主人公像を気に入っているのに驚いています。いよいよ萌えの飽和を迎えたんだなぁと感慨深いですね。

Medeski #- | URL | 2012/04/23 01:52 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/589-ce7f4715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top