ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

The Resistance/Muse (2009)


1. Uprising
2. Resistance
3. Undisclosed Desires
4. United States Of Eurasia
5. Guiding Light
6. Unnatural Selection
7. MK Ultra
8. I Belong To You
● Exogenesis ●
9. Symphony Part 1
10. Symphony Part 2
11. Symphony Part 3

Price Check.――― ¥ 150

4thアルバム「Black Holes & Revelations」での散漫な作風を締め括る必殺の大曲「Knights Of Cydonia」が次作の鍵になるかのようなメンバーのインタヴュー記事に心を躍らせ、そうして、リリースされた本作の曲リストに組曲「Exogenesis」とのクレジットを見つけて歓喜の声を挙げたのは、何も私だけではあるまい―――また、落胆したのも、だ。Marilyn Mansonの某曲との近似性を指摘される①からして腑に落ちない展開だった。これはオリジナリティ云々の話ではなく、ミューズにしてはあまりに<コンパクト>だったからだ。続く表題曲②、③こそ「らしさ」を出してくるものの、それでもまるで<ポップ・ソング>の枠にあえて留まろうとしているかのようにギターが己のスタンドプレイを自重している。⑤での国歌斉唱と評したくなるスケール感溢れるソロを例外にすれば、結局、ハイライトと睨んだ組曲「Exogenesis」までそれは続いてしまった。肩透かし、それに尽きるアルバムだ。どの曲もあと二分、ないし三分は尺を与えて良かったと思う。駄作と切り捨てられないのは、やはり試みそれ自体は面白いから。④でのショパン、⑧でのサン・サーンスの曲の抜粋ピアノソロはヒップホップ的解釈からの導入だろうし、組曲の発想はやはりロックバンドとしては異端だ。3rdの発表以降、比較対象に挙げられるようになったQUEENをバンド自身が意識し過ぎた感もある。だが、QueenにはHRの下地は有っても、HMの下地は無かった。ミューズにはTopチャートを見渡しても稀なメタリックなサウンドを忘れないで欲しかった。

The Resistance/Muse (2009)

category: H-N

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« The 2nd Law/Muse (2012)  |  HAARP/Muse (2008) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/610-bed0fdcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top