ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第10回電撃小説大賞 大賞:塩の街 wish on my precious/有川浩

塩の街
Scene – 1.
街中に立ち並び風化していく塩の柱は、もはや何の変哲もないただの景色だ。
Scene – 2.
それでやり直させてやるって言ったんじゃねえのかよ。
Scene – 3.
この世に生きる喜び そして悲しみのことを

answer.――― 69 点

ライトノベル業界からの一般書籍への刺客として、天誅!天誅!!天誅!!!とまさに人斬り抜刀斎なご活躍をなされている有川浩のデビュー作。塩が世界を埋め尽くす、いわゆる終末モノにカテゴライズされる本作だが、そのストーリーラインは大きく<前半>と<後半>、二つに分けられる。そして、世間評として高いものが前半部分であり、「おろ~浩殿~おろ~(×▽×)」と目を×にして困りたくなるのが後半部分だ。前半は塩害という理不尽な現象を用いて丁寧に「終末」を演出出来ている。ゲストキャラクターの死に際、死に様、ヒロインのレイプ未遂体験の回想なんかは終末だからこその説得力があり、テーマの消化具合に受賞作らしいポテンシャルを感じられた―――が、後半は一転、完全な恋愛モノになったのには驚いた。その後半からは評価の分かれ目。主人公とヒロイン、二人の恋愛を楽しみたかったのかどうかで良し悪しが決まる。文章は総じて手堅い印象。ただ、ミリタリーへの造詣披露になると、しつこい部分が目立つ。作りとしては粗い出来だと思うが、一章、二章と続く「終末」の感覚が残っていれば名作に数えたくなる作品だろう。ただ、やはり、後半の恋愛モノへのシフトチェンジがどうも首を傾げたくなる。

第10回電撃小説大賞 大賞:塩の街 wish on my precious/有川浩

category: あ行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 60点 有川浩

[edit]

page top

« 角川文庫:GOSICK ―ゴシック―/桜庭一樹  |  第10回電撃小説大賞 金賞:我が家のお稲荷さま。/ 柴村仁 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/62-9f6fe0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top