ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

30 minutes night flight/坂本真綾 (2007)

30minutes night flight
1. 30minutes night flight
2. ドリーミング
3. 記憶 - there's no end
4. 僕たちが恋をする理由
5. セツナ
6. ユニバース
7. 30minutes night flight-sound of a new day

Price Check.――― ¥ 100

前作での悪夢がありありと残るファンに、―――菅野よう子復帰!の吉報のないまま届けられたのは、『30 minutes night flight』と題されたミニアルバム。本作は全曲を合わせて「30分」のランニングタイムに設定されたコンセプトアルバム。坂本真綾のコンセプトアルバムと云えば同じくミニアルバム『イージーリスニング』が曲から歌詞(私が坂本真綾の歌詞で「巧い」と思うのはこの作品に収められたものだけ。異常に「巧い」故に、実はここでの歌詞、本当は書いてないんじゃないかとさえ疑っている)まで傑作だっただけに、否が応でも期待してしまうが、……さて、その結果は如何に?30分間の夜間飛行の幕開けを飾る①は新境地とも云えるダンスビートを採用した佳曲で、前作から遡って「初めて」外部ライター起用の意味を見い出せる一曲。それで、次の曲は、……と期待してはいけないのが本作。②からは前作での悪夢がフラッシュバックしてくるかのような、当たり障りの無さが逆に印象を悪くしてくれる曲が並ぶ。そういう意味ではコンセプトに反して、眠れない夜も思わず眠れてしまう退屈さはある作品だ。そんな中、坂本真綾自身が度々フェイバリットに挙げる⑥は聴き込んでくるうちに沁みてくるバラード。作曲した鈴木祥子(SSW)を前作の曲提供以来、随分と信頼しているようで、シングルでも続けてコラボしている。三十路も間近となり、曲にせよ、歌詞にせよ、相応の成熟を求められるなかで、40を超えて歌詞を書ける人に興味を持ったのかもしれない。もどかしさが残る内容ながら、上記に挙げた①と⑥、そして、時間制限のコンセプトで菅野よう子不在をファンにどうにか現実として受け入れさせた作品。

30 minutes night flight/坂本真綾 (2007)

category: あ-な

tag: MUSIC 100円

[edit]

page top

« かぜよみ/坂本真綾 (2009)  |  夕凪LOOP/坂本真綾 (2005) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/621-82e55ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top