ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

かぜよみ/坂本真綾 (2009)

かぜよみ
1. Vento
2. トライアングラー  
3. 風待ちジェット~kazeyomi edition
4. Remedy
5. 雨が降る
6. Get No Satisfaction!
7. 蒼のエーテル
8. 失恋カフェ
9. SONIC BOOM
10. ピーナッツ
11. さいごの果実
12. Colors
13. カザミドリ
14. ギター弾きになりたいな

Price Check.――― ¥ 300

自身のシングルでの最高記録であった3rdシングル「奇跡の海」のセールスを約10年振りに更新した②はTVアニメ「マクロスF」のオープニングという話題もさることながら、久方ぶりの菅野よう子の楽曲提供ということが何よりもファンを狂喜させた。曲自体も、坂本真綾「らしくない」声を張り上げる意外性のあるもので、これまた、プロデューサーとしての菅野よう子の辣腕ぶりを証明。そのままアルバムも全編プロデュースに戻るのかと思ったら、そこは話が違うようで、関わっているのは②と⑦のマクロス関連のみ。しかし本作、ようやく<脱・菅野よう子>と評しても批判を浴びない良質のポップスを揃えた好盤となった。やはり注目すべきは、<10代の歌>を止めたことだろう。鈴木祥子の手掛ける③、⑪のシングルはもちろんだが、収録曲はこれから年齢を重ねても歌える曲となっている。ボッサ歌謡⑧はその象徴的トラック。歌詞も含め、残り30秒からの展開は「新しい」坂本真綾と称えるに相応しい仕上がりだ。曲のバラエティに富んでいるのも特徴で、ライヴで自らリズムギターを弾くストレートなポップ・ロック⑥は中盤の良いアクセントになっている。大ヒットとなった②が実はこの作中で違和感バリバリの曲なのだが、エスペラント語で歌われる小曲①の後に配されているために気にならないのが隠れたファインプレー。ラスト⑫のアットホームな音作りも良かった。ファンの新規開拓も出来る坂本真綾の20代最後のアルバム。キャリアの上では、中期の代表作に数えられるだろう。

かぜよみ/坂本真綾 (2009)

category: あ-な

tag: MUSIC 500円

[edit]

page top

« You can't catch me/坂本真綾 (2011)  |  30 minutes night flight/坂本真綾 (2007) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/622-6fdbd20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top