ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第3回GA文庫大賞 奨励賞:ブラパン!/笠原曠野

ブラパン
1.トラウマ仕掛けのメリケンサック
2.英国紳士は華麗に嗜む
3.燃えるバンカラ 漢道を行く
4.広がる宇宙に誕生せしモノ
5.神、地にいまし 世は全てこともあり
6.CURE

answer.――― 54 点

「月刊ブラカマン」を読みたいなぁ……で、レヴューを終えちゃ駄目ですかね?著者のあとがきによれば、天海亜弓はおっぱいが大きい、なる冒頭の一文を書けただけで満足したらしい本作は確かにそれで終わっても良かったと思えるライトノベル。本作は基本、<おっぱい>のみで読者の関心を引こうとしているのだが、その癖、おっぱいを不良たちに揉みしだかさせるとか、Yシャツを引きちぎられ罵声を浴びせてくるヒロインをぶん殴って無抵抗になったところをハアハア猟奇的に興奮しながらパイズリさせ、そうして、その谷間でヒャッハー!と射精、顔に引っ掛かったザーメンに舌を一生懸命伸ばさせて嚥下させるとか、……とりあえず、<おっぱい>という単語しか書けない作家のくせに、そういう下衆な仕事さえもサボっている。文章的な難は本作のオリジナリティに挙げられるだろう<ブラカマン>なる設定の説明が非常に遅く(且つ、説明不足のため)、ブラカマン、ブラカマンと連呼されてもただ冷めるばかりだった。イラストレーターのNardackによる<おっぱい>が良質だったので、エロ本を買えない、携帯、PCを開けない小学生がこっそり自慰するために役立てるだろう推測から50点台をプレゼントしてあげた。建設的なアドバイスを贈るなら、<ブラカマン>の設定はそれこそ冒頭に持ってきたほうが良い(ex.コンビニのエロ本コーナーの横には、少年誌とともに月刊ブラカマンという雑誌がある。谷間にスイカバーを突き立てて笑うFカップの人気グラビアイドルの表紙に釣られて、……とか前置いてよ)。……アホらし、駄作。B級を狙うのは良いが、キチンとB級に仕上げてこい。本物のB級作品に失礼だ。ちなみに、「月刊ブラカマン」とは作中にあるらしいブラカマンを紹介する雑誌です。え、ブラカマンって何だって?知りたかったら、俺と同じように時間を無駄にして読んでみてください哉。

第3回GA文庫大賞 奨励賞:ブラパン!/笠原曠野

category: か行の作家

tag: GA文庫大賞奨励賞 OPEN 50点 笠原曠野

[edit]

page top

« 2011年10月のレヴュー更新(まとめ)  |  第3回GA文庫大賞 奨励賞:双子と幼なじみの四人殺し/森田陽一 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/626-9a62d216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top