ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

真実/Fiona Apple (1999)

When the Pawn
1. On The Bound
2. To Your Love
3. Limp
4. Love Ridden
5. Paper Bag
6. A Mistake
7. Fast As You Can
8. The Way Things Are
9. Get Gone
10. I Know

Price Check.――― ¥ 200

When the Pawn Hits the Conflicts He Thinks like a King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He'll Win the Whole Thing Fore He Enters the Ring There's No Body to Batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo, You Hold Your Own Hand and Remember That Depth Is the Greatest of Heights and If You Know Where You Stand, Then You'll Know Where to Land and If You Fall It Won't Matter, Cuz You Know That You're Right」―――日本盤は邦題として『真実』と一言でまとめられている本作の正式名称は、ギネスにも認定されたようにあまりに長大なタイトル。日本でのブレイクは本作からなのだが、欧米では前作を評価されてのMTV Video Music Awardsにて音楽業界の現状を批判するアクシデンタルな発言以来、フィオナ・アップルの存在自体が賛否両論の的となっており、レヴューもその通りに分かれている。個人的に、本作の最大の収穫はアメリカの音楽専門誌SPIN誌におけるレヴューで、長大なアルバムタイトルを引用した上での「……おっと、もうレビューを書くスペースがない。星一つ」なるもの。これには、レヴューの醍醐味を学ばせてもらった。肝心の音楽性は前作の延長上のもので、シングル⑦のまくしたてるヴォーカルパート、ドラムループを導入した程度の目新しさ以外、洗練された印象こそあれ、楽曲に変化らしい変化は無い。日本盤にはThe Beatlesのカバー「Across The Universe」がボーナス・トラックとして付いており、これが事実上のベスト・トラックとなっている。

真実/Fiona Apple (1999)

category: A-G

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« Extraordinary Machine/Fiona Apple (2005)  |  Tidal/Fiona Apple (1996) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/664-8f8fffcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top