ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

電撃文庫:Missing 神隠しの物語/甲田学人

Missing 神隠しの物語
(あらすじ)
物語は“感染”する―――。その少女に関わる者は全てが“異界”へ消え失せるという怪異なる都市伝説。恋愛否定主義者の“魔王陛下”こと空目恭一の『彼女』と称される少女。その少女が突如現れたのをきっかけに、空目が姿を消してしまった……。残された文芸部の面々は、空目を取り戻す事が出来るのか? この話は、現代の“神隠し”の物語。

answer.――― 57 点

『文章力ランキング(ライトノベル級)』を書くにあたって、Twitter上で推薦された作者の一冊PartⅡ。電撃文庫のホラー筆頭……とのことだが、1巻時点では「?」の印象。事実として、1巻の出来は悪いらしく、続刊でそのホラー具合を加速するようだ。とりあえず、今回は1巻のみをレヴューさせてもらえば、90年代の文体そのままに00年代初期より大流行した中二病(ex.「魔王陛下」「恭の字」と登場人物をさも当然のように呼ぶ)を導入するなど、非常にアンバランスで「拙い」。展開も冒頭から終始唐突で、ライトノベルというジャンルが成熟し始めた現在となっては出版当時は許せても、まともに読むことは難しいだろう。とりあえず、本作のWikipedia稿は著者本人、あるいは熱烈な信者が編集しているはずなので、誰か早急に訂正しに向かって頂きたい。内容的にはファンタジーを織り交ぜつつの、民俗学、オカルト論を導入した造りで、電撃小説大賞の第7回で佐藤ケイ第8回で有沢まみずが「萌え」枠で授賞させているように、この題材もまた当時のライトノベルにおいては先取りと云える。しかし残念ながら本作、本当に「拙い」。もっとも、著者にとって初の長編とのこと。そうなるとここから筆が向上すると思うので、どなたか一番「巧い」巻をご教授くださいませ。

電撃文庫:Missing 神隠しの物語/甲田学人 (2001)

category: か行の作家

tag: OPEN 60点 甲田学人

[edit]

page top

« 第3回えんため大賞 最優秀賞:赤城山卓球場に歌声は響く/野村美月  |  AJICO SHOW/AJICO (2001) »

コメント

メディアワークス文庫で出版しているからそちらを読んでみては?
読者層が大人向けなのでちょうどいいかと。

ニシユウキ #- | URL | 2012/07/21 20:06 | edit

Re: ニシユウキ

ご助言、あざーす!

メディアワークス文庫からも出ているんですか。確かに、これはファイナルアンサーの予感。実は、噂が先行していたので勝手にランキングの上位に挙げていたのですが、あまりのギャップに「やべっ、全体底上げの悪寒!!」と面倒臭さが爆発しておりました。なるほど、これは要チェックやで!

Medeski #- | URL | 2012/07/22 07:45 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/696-d80de864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top