ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

このライトノベルがすごい!(2013年版) 3位:六花の勇者/山形石雄

六花の勇者
1.死地の森
2.出立と二つの出会い
3.六花集結
4.罠と潰走
5.反攻
6.解明の時
7.次なる謎

answer.――― 77 点

SD文庫のエースと云うと、醜悪祭を催し何処かへ葬られた早熟の天才・片山憲太郎を除けば、近年の『ベン・トー』の露出から考えてアサウラなのだろうが、忘れてはならないSD文庫の実力派こそ山形石雄その人である。第4回スーパーダッシュ小説新人賞の大賞作であり、氏のデビュー作となった『戦う司書』は全10巻とシリーズらしいシリーズとなったが、質の割に目立ったセールスを伴わなかったのは編集部の単純なプロデュース不足か、あるいは、ライトノベルに逆巻くファンタジー作品への逆風を受けた故なのか。そんなこんなで、氏が次に手掛けてきたのが懲りずに再びファンタジーだったあたりは、―――流石である。さて、その意欲作のあらすじは「魔王を封じるために伝説通り各地より集う6人の勇者たち。しかし、そこに全員集まってみれば何故か、……7人いた」というもの。勇者たちが偽者である「7人目」を疑心暗鬼となりながら探すミステリーは、まさしく混沌の様相。勇者vs勇者というデカダンな戦闘は、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』におけるガンダムvsガンダムを思わせる火「華」散る「狂」演で、盛り上がらない筈がない。「1」巻でピークを迎えるべくして練られた設定はアンフェアなほどに秀逸で、勇者たちの性格をあらかじめ難有りにすることでミスリードさせる手法もまた、変態的である。そして、全力疾走後に待つ“衝撃”のエンディングには、本当に「ブッ飛ばされた」。構成の奇才、ここに極まれり。あらすじに惹かれた方は、まず買って損は無いだろう。色々な意味で、続刊出来るのも頷ける快作。

このライトノベルがすごい!(2013年版) 3位:六花の勇者/山形石雄

category: や行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 山形石雄

[edit]

page top

« Guitar Heaven: The Greatest Guitar Classics of All Time/Santana (2010)  |  このライトノベルがすごい!(2013年版) 9位::サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY/河野裕 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/715-ca77bdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top