ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

早川書房:マルドゥック・スクランブル [改訂新版]/冲方丁

マルドゥック・スクランブル
第1部 圧縮
第2部 燃焼
第3部 排気

answer.――― 91 点

傑作、という冠を安易に与えたくはないが、そう評価せざるを得ない冲方丁の名実を極めた代表作。ハヤカワ書房からのリリースの通り、本作のカテゴリーは出自となったライトノベルではなく、サイエンス・フィクション(以下、SF)。故に設定も禁忌を恐れずに踏み込んだものとなっており、ヒロイン「ルーン=バロット」は近親相姦、性的虐待の末に心の欠落を招いた少女娼婦であり、登場して早々に身を買われ、犯されながら焼殺の憂き目に遭う。物語の幕が開けるのは、緊急法令「マルドゥック・スクランブル09法」によりバロットが蘇生したところから。理不尽に巻き込まれた事件の解決とともに、バロットが「生きる」意志を手に入れるまでが本作のストーリーライン。SFというジャンルは人間の宇宙を描くことを目的としている面があり、本作でも生きる意味を見い出せないバロットが「単なる」兵器である鼠・ウフコックへ「私を愛して欲しい」と懇願するなど、<愛>について探究的スパイスを盛り込んで作品に奥行きを与えている。己を<虚無>と標榜する敵役を配すことで、形無きソレを浮き上がらせ、際立たせる構図だ。必ずしも描き切れているとは思わないが、描き切ることが正しいとも云い切れない。恐るべきはその文章力で、およそ技巧の限りが尽くされている。あまりの技の多さに、セルバンテス短篇集(岩波書店)収録の「ガラスの学士」以来のフリーズを起こしたのは個人的に衝撃だった。著者特有の「難」さえ無ければ、ライトノベル界の“JOKER”秋山瑞人より確実に「巧い」作家だろう。その難こそ「我、最強也」のエゴイズム。本作でも作中堂々と尋常でないエゴを晒し、私の蛾眉を顰めさせてくれた。その場面こそ稀代の名シーンと絶賛されるギャンブル・シーン。第二部「燃焼」より延々と挿し込まれるポーカー、ルーレット、ブラックジャックのカジノゲームはだだ書きのルール説明から始まり、ゲームの加速とともに、その場に居合わせるキャンブラーそれぞれが持つ業を描く小宇宙と化す。おそらく読書中、誰もルールなんてしっかり把握していないだろう。しかし、ルールを気にすること自体が野暮なのだ。ここでのシーンの肝はギャンブラーたちの宇宙を覗くことであり、ギャンブルが命を模した金のやり取り、―――命を賭けた絶命行為だと直感的に理解出来れば良い。そして、バロットがそんな代替的な命のやり取りのなか、ギャンブラーたちの生き様に触れ、生きる意志を獲得していくことを読み手は追体験出来れば良いのである。類を見ないゲームは勝つことさえ放棄させる。―――圧巻である、見事だ、冲方丁。お前は最強だ。ところで水を差す質問で申し訳ないが、この話、……本当にギャンブルは必要だったのか?西洋建築の美術館の横にピラミッドが建っている。それを自然だと思えるのは、貴方が侵されているからだ。冲方丁は尋常ならざるエゴイストだ。物語を壊してでも、描きたいものを描く。そして、そのあまりの怪物的筆致故に、それを当然の展開と読み手に思わせてしまう。冲方丁は、ただギャンブルを描きたかった。そうして、出来上がったのが本作だ。それ以上でも、それ以下でもない。まさに悪夢のような傑作。ちなみに文庫版は全3巻だが、私が読んだのは [改訂新版]とされるその内容を一冊にまとめた単行本です。

早川書房:マルドゥック・スクランブル [改訂新版]/冲方丁 (2010)

category: あ行の作家

tag: OPEN 90点 冲方丁

[edit]

page top

« Now You See Inside/SR-71 (2000)  |  第6回小学館ライトノベル大賞(ガガガ文庫部門) 大賞:狩りりんぐ! 萩乃森高校狩猟専門課程/森月朝文 »

コメント

4サイクル

4サイクル・エンジンに喩えると、
1番最初の「吸気」がありませんね。
本の内容はどうでしょう?

新サスケ #- | URL | 2012/09/05 19:23 | edit

Re: 新サスケ

コメント、有難うございます!

そういえば、吸気あったような気がしますね。4サイクル・エンジンが元ネタだとは思わなんだ!

Medeski #- | URL | 2012/09/06 04:22 | edit

謝辞

ご訪問ありがとうございます

お気づきの点などあればご遠慮なくご一報下さい

読み逃げさんの場合は管理人が痛く凹みますので

ランキングバナー等クリックして頂けると幸です(笑)

あなたのタイミングでお越しになられることをこころより

お待ちしています

リンクやイベント以外こちらから訪れることは御座いません

限られた時間やパワーを投稿に注いでおります

ご了承下さい

勿論 コメント頂いた折にはその限りでは御座いません

宜しくお願いします

ぷりゅす #- | URL | 2012/09/07 06:06 | edit

Re: ぷりゅす

ぷりゅすさんのプロフィールを紹介したいと思う。

影響を受けた作家は、綿矢りさと金原ひとみ。特に、綿矢女史に関しては一目惚れだったそうな。そのあまりに強い影響=呪縛から逃れるために、ブログ執筆の際には、綿矢りさの『蹴りたい背中』を鋸で裁断し、金原ひとみの『蛇にピアス』を近所の学校の大便器にその都度放り込む、と語っている。

少年時代を韓国で暮らし日本語に飢えていたことから、ブログでは日本語の表記にこだわりを持っており、脈絡のないフォトグラフと選りすぐったこだわりの言葉を載せている。これを巷では、ポエム。あるいは、チンポムと呼ばれていることを残念ながら、本人は最近、知ってしまった。

……以上が、上記のコメントから想像してみた私のぷりゅすさんのプロフィールです。チンポムってところが大いに気に入っております。


>ランキングバナー等クリックして頂けると幸です



新サスケさん、出番ですよ!!

Medeski #- | URL | 2012/09/07 07:20 | edit

毎日2つ

毎日、パソコンとスマホから、ランキングに投票しておりますよ。
応援する理由は、前に書いた通りです。

新サスケ #- | URL | 2012/09/07 19:27 | edit

Re: 新サスケ

コメント、有難うございます!

お心遣い、有難うございます。ε-(´―`*)エメラルダス

Medeski #- | URL | 2012/09/08 02:01 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/719-9db051ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top