ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

American Idiot/Green Day (2004)

american idiot
1. American Idiot
2. Jesus Of Suburbia
3. Holiday
4. Boulevard Of Broken Dreams
5. Are We The Waiting
6. St. Jimmy
7. Give Me Novacaine
8. She's A Rebel
9. Are We The Waiting
10. Letterbomb
11. Wake Me Up When September Ends
12. Homecoming
13. Whatsername

Price Check.――― ¥ 650

本来、出るはずだった『Cigarettes and Valentines』と銘打たれた7thアルバムのマスターテープが盗難の憂き目に遭って急遽、一から作り直した!とされるバンドの90年代の名盤『Dookie』と並び評される、バンドの第二の(あるいは、第一の)代表作。上記のエピソードは現在を以って盗まれたとされる音源が流出していないので眉唾なエピソードながら、作り直したのはまず間違いないだろう。それ程に、劇的に「変わっている」。それは単純にアルバムを物語調のコンセプトで縛ってきたこと、「パンクオペラ」なる呼称さえつけられた組曲形式の②&⑫が収録されていることを挙げても良いだろう。ただ、個人的にはこのアルバムが<パンク>アルバムとして扱われている事実に注目したい。前作「Warning」を<パンク>アルバムとする人は少数派だろう。しかし、本作は多くの人に<パンク>の傑作アルバムとして認知されている。これが何よりも凄い。前作でロックバンドへと舵を切ったGreen Day、彼らは確実に<ロック>バンドへと変貌したにもかかわらず、再び<パンク>アルバムを制作出来たのである。<パンク>の拡大解釈をもたらした事実は大きい。これ、売れたで!賞ことグラミー賞で最優秀レコード賞を受賞した④のどこにパンクの面影を見る?つまりは、そういうことなのだ。パンクで無いのにパンクと捉えてしまう錯誤を堪能出来るアルバム、それが本作だ。実際に聴いてみても、曲調豊かで飽きずにリピート出来る逸品。ちなみに、①はThe Whoの「My Generation」、上記の④もOasisの「Wonderwall」と類似性がよく指摘されているが、何にせよ、どちらも名曲である。

American Idiot/Green Day (2004)

category: A-G

tag: MUSIC 750円 代表作

[edit]

page top

« 電撃文庫:乃木坂春香の秘密/五十嵐雄策  |  第11回電撃小説大賞 大賞:ルカ - 楽園の囚われ人たち -/七飯宏隆 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/724-0556ea17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top