ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第8回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:逆理の魔女/雪野静

逆理の魔女
1.魔女の秘密
2.歌姫の暴走
3.間奏
4.逆理の理(前)
5.逆理の理(後)
6.エピローグ

answer.――― 52 点

スーパーダッシュ小説新人賞らしい残念な受賞作。表紙の眼帯をつけた娘が本作のヒロインなわけだが、……とりあえず、作家の手腕を試される第一関門「ボーイ・ミーツ・ガール」。主人公とヒロインの《出会い》の場面にて、著者はさっそく己の底を見せて―――失敬、魅せてくれた。ときにライトノベルにおける各レーベルの公募賞において、ボーイ・ミーツ・ガールと云えば「パンツ」、あるいは「タッチ」、もしくは「全裸」の披露がワシントン条約に比肩する《お約束》となっている。上述の作家の手腕云々は《お約束》だけに金太郎飴となっている演出を如何に料理出来るかが、同じ穴のムジナだった下読み先生たちの査定ポイントとなるわけだが、あくまで《お約束》は守られていれば良いものであることを確認しておきたい。ハチ公前ならハチ公前、東口の交番前なら東口の交番前で良いのである。ところが著者、お上りさんだったらしく「やらかした」。俺はその辺のとは違うぜ?とワナビ特有のワナビっぷりを発揮した。著者はこの第一関門で「パンツ」を選択したわけだが、とにかく見せ方が凄酷い。屋上でヒロインがスカートで逆立ちしているところをバッタリ、ボーイ・ミーツ・ガールである。あまりに必然性を感じない演出にバッタリ直後は、……こんな本を買ってしまった自分にガックリである。内容はこの逆立ちヒロインのお手伝いに必然性も無く巻き込まれるパータン。流石にヒロインに魅力が無さ過ぎるので読書を早々に放棄しかけるとは思うが、絶世の歌姫と設定される主人公の姉のブラコン、そして、ジャイアンっぷりが本作の数少ない救いとなっている。せめて、このお姉さんを主人公にしよう(b゚Д゚)ネッ♪

第8回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:逆理の魔女/雪野静

category: や行の作家

tag: スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞(佳作) OPEN 50点 雪野静

[edit]

page top

« 第20回ファンタジア大賞 佳作:これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です/木村心一  |  第5回本屋大賞 2位:サクリファイス/近藤史恵 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/728-d54716e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top