ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

メディアワークス文庫:バカが全裸でやってくる/入間人間

バカが全裸でやってくる
1.バカが全裸でやってくる
2.ボクだけの星の歩き方
3.エデンの孤独
4.ブロイラー、旅に出る
5.バカが全裸でやってくる

answer.――― 64 点

気の抜けた炭酸呼ばわりするつもりはないが、書き流したような文章にこだわりを感じないので、これは小説と云うよりも物語調のエッセイだろう。しかしながら、なかなかに興味深い作品なので、久しぶりに【推薦】させて頂く。ズバリ、本作の主題は英国の90年代のAKB48、スパイス・ガールズもI wanna, I wanna, I wanna, I wanna, ...と元気良く歌った「Wannabe」、ワナビーである。そして、上記の【推薦】は当然、―――お前ら雨後の腐った筍!―――お前ら吐いて捨てる鰯!と入間人間が作中で社会のゴミ扱いするライトノベル・ワナビーに捧げられたものである。さあさあ、悪漢・入間人間が「ワナビーよ、これを読んで俺へ印税を放り込め!クズなんだから放り込め!お前らを全裸にしてやる!」とニヤニヤ罵倒しながら書いている本作を簡単に紹介しよう。意味深な表題をそのまま採用する第一章ではワナビーをクズだからと「人間のフリすんな!汚いゴミが!」といきなり全裸にしている。第二章では作家視点にしているが、実際はワナビーをクズだからと「お前らのなんか読んでられねえよ!」と全裸にして宣告している。第三章はワナビーをクズだからと「どうせこんな人生ドラマを勝手に描いてんだろ?ワロス!」と全裸にして嘲笑っている。第四章ではワナビーをクズだからと「そんなに受かりたいなら自殺すれば?死亡証明書添付して投稿作を遺書扱いすれば受からせてやるよ!」と全裸にして自殺を推奨している。第五章では、職業作家の視点からワナビーをクズだからと「えー、じゃー一生小説書いて食べていくつもりやったの?……すごいねー(プロにもなったことないのに)」と全裸にしてただ小馬鹿にしている。……いやいや、大したもんだ。読みながら冷や汗を掻いたのは初めてだよ。これは正直、御見逸れしましたぞ。ワナビーの臥薪嘗胆、必読の一冊。入間先生のこの檄に応えなきゃ、ワナビーは本当に全裸になるしかないね!―――なぁーんて、ネガティヴ・キャンペーンを張ってみました♪

メディアワークス文庫:バカが全裸でやってくる/入間人間 (2011)  【推薦】

category: あ行の作家

tag: OPEN 60点 入間人間 推薦

[edit]

page top

« 電撃文庫:トカゲの王 1 ―SDC、覚醒―/入間人間  |  電撃文庫:多摩湖さんと黄鶏くん/入間人間 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/731-162ac893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top