ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第14回電撃小説大賞 大賞:ほうかご百物語/峰守ひろかず

ブギーポップ
1.美術室殺人事件(未遂)―――或いは、鼬の事
2.ようこそ弱小美術部―――或いは、のびあがりの事
3.美しき闖入者―――或いは、狐の事
etc...

answer.――― 35 点

プロとアマチュア、無いようで確かに存在するその垣根―――ライトノベル界では大人も黙る最大手・電撃文庫、その大賞を戴いた本作。電撃文庫にとってはこの年の≪看板≫を意味する大賞、その受賞作だが、正直、久しぶりに「?」と首を傾げてしまう作品だった。提示されていくキャラクター、山なのか谷なのかを経て、流れていく展開。そこを泳いでいく己の目。本なのに、まるでその辺で見掛けるネット小説を読んでいるかのような錯覚。ライトノベルとしての体裁だけを整えていく本作は、読者に「プロ」らしい仕事を感じさせてくれない、結論として非常に「アマチュア」的な作品だった。レヴューを書くため、とでも思わないと、途中で文字通り放り投げる形でGiveUpしていたかもしれない。プロとアマチュア、その垣根を探るべく、本作と比較する材料として、スーパーダッシュ文庫の『りっぱな部員になる方法。』を挙げておきたい。両作とも似た構成を持ち、見栄えのしないよくある「ふつう」のストーリーなのだが、決定的に違うのは登場人物たちの交わす《会話》の練度。『りっぱな部員になる方法。』には玉露園というプロフェッショナルなキャラクターをアクセントにした会話のリズムがある。ここには泳ぐ目も必ず留まるし、興味も惹かれる。事実上のワンマン小説には違いないが、それでも、アマチュアには描けないSomethingがある。本作にはそのSomethingが無い、あるいは、居ないのだ。著者である峰守ひろかずの刊行ペースはやたら早い。しかし、そんなところでプロになる前に、作家としてまずアマチュアの垣根を越えて欲しい。唯一、妖怪をテーマにしているだけに、そこについての知識の挟み方は良い。

第14回電撃小説大賞 大賞:ほうかご百物語/峰守ひろかず

category: ま行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 30点 峰守ひろかず

[edit]

page top

« In Rainbows/Radiohead (2007)  |  第14回電撃小説大賞 金賞:君のための物語/水鏡希人  »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/76-e6b906d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top