ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第18回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:闇鏡/堀川アサコ

闇鏡
1.五条河原
2.凶兆
3.寒露九ツ
4.交叉
5.闇の鏡
6.うわなり打ち
7.拾遺

answer.――― 73 点

選考委員が総じて著者の知識のバックボーンを称えた第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞した本作「闇鏡」は、現代の警察業務を司る検非違使の物語。疫病に罹った(いや、何者かに毒を盛られ続けた)遊女が出奔した夫を見つけるも、隣には女が……そうして、朽ちる冒頭はおどろおどろしく、室町な時代背景、また、日本ファンタジーノベル大賞の受賞作という先入観もあり、……恨みつらみのホラーファンタジーかな?と読み進めれば、まさかのファンタジー無きミステリー小説だった展開には驚いた。その是非はともかく、やはり本作のセールスポイントを挙げるならば、南北朝の対立が終わった直後を物語の舞台にした一点に尽きるだろう。「鎌倉幕府」発の侍所に業務を奪われ、もはや名ばかりの存在になっていた検非違使を主人公に持ってくるあたりは、大胆を通り越して挑発的でさえある。物語は上述した遊女が朽ちて、葬られた冒頭を無視するように再登場し、腕っ節はあっても肝が小さい検非違使・龍雪に、夫を探してくれるように依頼することから始まる。幽霊、陰陽師、奇怪な殺人事件、侍所との対立、……と読み手にファンタジーと錯誤させ、終盤に「何の不思議もございません!」と種を明かす作風を思い返して感じるのが、著者がその発想に囚われてしまったこと。大前提として、読み手はファンタジーでないことを望んでいるわけではない事実。物語の核には、女の嫉妬が絡んでくる。ミステリー小説の醍醐味はトリックではなく、犯人の動機だ。著者は己のアイディアを際立たせるのを優先してしまったため、クライマックスである女の嫉妬が発露する場面がオマケのように感じられるのが最大の誤算だ。ただ、龍雪など、著者のキャラクターメイキングにはポップなモノを感じたので、次回作に期待したくはなった。

第18回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:闇鏡/堀川アサコ

category: は行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞 OPEN 70点 堀川アサコ

[edit]

page top

« 第18回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:僕僕先生/仁木英之  |  第18回ファンタジア大賞 大賞:戦鬼 ―イクサオニ―/川口士 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/779-6eb281d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top