ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

電撃文庫:多摩湖さんと黄鶏くん/入間人間

多摩湖さんと黄鶏くん
(あらすじ)
君は、大人なおねえさんとエロいゲームをしたことはあるかい?俺はある。―――素敵で無敵な変態カップルの青春ストーリー。

answer.――― 60 点

―――ライトノベルにはエロ本としての側面がある。これは紛れもない事実だ。私はライトノベラーは皆、札付きのムッツリ助平とさえ心の中と言わず、口に出して断定している。ライトノベル創世期より“外道”あかほりさとる、“姥捨て婆”中村うさぎ等が用意したたわわな乳を、たわわな尻を、ライトノベラーは「俺、本が好きだから……」という隠れ蓑をムッツリとかぶって愛し、そうして、いつしか自らが作家となって、現在のライトノベラーに還元しているのである。ライトノベルを崇高な俗本に祀り上げようとしている輩がいるが、そんなことは断じて認めん。エロ本だ、エロ本!ラノベはエロ本!読んでるの恥ずかしがれよ、「お前、ヲタクだな!」って指摘されたら全力で否定するのが本物のヲタクなんだよ!ヲタクは後ろ指に怯えてナンボだろ!?イジメられて泣いてナンボだろ!?んで、さまようユダヤ人よろしくさまよって仲間見つけるのが楽しいんだよ!それがなんだ、「キモ」ヲタって!?いつからヲタクがキモくない風潮が生まれたんだ?キモいんだよ、ヲタクぶった一般人!本物のヲタクを馬鹿にしてんじゃねえよ、ボケ!……あ、俺?ラノベなんか読んだことねえし!むしろ嫌いだし!ぜんぜんヲタクじゃねえし!秋葉原なんて行ったことねえし!コミケとかも行ったことねえし!行ったことあるの、東京キャラクターショーだけだし!……さて、キモいヲタクの皆さん、お待たせしました。本作はラノベ亭快楽こと入間人間が贈る、ライトノベルのエロ本として側面を強調した一作。……これは、キモい。入間人間が童貞であることを願って止まない本物のキモさがある。ストーリーは例によって無い。では、何が描かれているかと云えば、美人の先輩と主人公(入間人間)のイチャラブである。脱衣ポーカー(ドンドン脱がす)、キスババ抜き(そこら中にキスさせる)、歳並べ(ご想像にお任せします)……とカードゲームを冒涜し、二人で旅行し、王様ゲームをし、結婚する。いやいや、入間人間、お前、これは童貞というより真性包茎だな!尊敬するわ!ライトノベル特有の低俗さを満喫出来る一冊。点数こそ低めですが、ライトノベルがエロ本であることをクローズアップしている点に素直に好感を抱きました。ただ、面白くはありません。本作は、シチュエーション系のエロ本です。表題で、マンコさんとキトウくんってわざわざ謳ってるし。

電撃文庫:多摩湖さんと黄鶏くん/入間人間 (2010)

category: あ行の作家

tag: OPEN 60点 入間人間

[edit]

page top

« メディアワークス文庫:バカが全裸でやってくる/入間人間  |  電撃文庫:電波女と青春男/入間人間 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/783-79a66e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top