ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

電撃文庫:トカゲの王 1 ―SDC、覚醒―/入間人間

トカゲの王
1.トカゲと鴨のゲシュタルト
2.もし中学生が目の色を変えられたら
3.きみの瞳にかんぱい
4.うらかたさんのめっせーじ
5.とかげのおうさま

answer.――― 62 点

巻末のあとがきにて「そろそろ俺も能力バトル小説で一発当てよう、ぐへへ」と発言しているように目下、電撃文庫が推しに推している入間人間が手掛ける能力バトル小説(もどき)の本作。この(もどき)の部分が入間人間らしいというか、道化を気取って創作家としての己の底を必死で隠そうとしている人間失格@太宰治な部分。本作の主人公は、目の色を変えられる能力を持つ―――が、それだけの異能で、それは最後まで貫かれる。異能者の戦いに放り込まれ、口八丁も通じず、ただ怯えに怯え、一般人Aとして涙を流しながら抵抗する。そんなこんなで、物語としては「やはり」面白い訳が無い。この辺りは巷の評判の悪さからも私だけの偏見ではないことを付け加えさせて頂く。過去のレヴューにおいても言及しているが、入間人間にストーリーメイクの才能が無いのは間違いない。だが、それであっても、入間人間が前線で活躍出来るのは《文章》、その一点に尽きる。事実、本作でもテンポを意識した快速の文体で、字数の割に素早く次の頁へと辿りつける。しかし、この手の文体の最大の弱点は、物語の有無をはっきりと認識してしまうことだ。故に、本作は入間人間の作品の中でも頭一つ抜けて「つまらない」。物語が無い上に、無能な主人公と来ると誰のために描かれているのかも分からない。否、入間人間自身のためである。厳しめな言葉を向けているが、それでも、配点をご覧あれ。当ブログの点数一覧、その【普通】ラインに載る点数である。つまらない、確かにつまらない作品ではある……が、それを1ランク上げる筆の跡がここにあるのも事実。世の中には向き不向きがある……入間クン、もう自分の作品を書くの止めなさい。君の筆は他人のためにある。原作者を見つけなさい。カリスマ編集者はね、遠回しにそういうことを君に伝えているんだよ。

電撃文庫:トカゲの王 1 ―SDC、覚醒―/入間人間 (2011)

category: あ行の作家

tag: OPEN 60点 入間人間

[edit]

page top

« 第2回ラノベ好き書店員大賞 10位:も女会の不適切【アイ・ド・ラ】な日常 1/海冬レイジ  |  メディアワークス文庫:バカが全裸でやってくる/入間人間 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/796-6dc0680d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top