ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

新潮文庫:エディプスの恋人/筒井康隆

エディプスの恋人
(あらすじ)
「彼」の意識の存在に気づいた七瀬。ある日グランドでボールが割れた。それが異常の始まりだった。強い「意志」の力によって守られた「彼」の本当の正体と何故「彼」が七瀬の意識に影響を与えているのかを探ろうとする。そして、七瀬は「彼女」の存在を知ることとなる。

answer.――― 77 点

「ボマー」筒井康隆が贈る七瀬三部作、その最後を飾る本作は前二作で頑なまでに処女を貫き通した僕らの火田七瀬がついに……!という、まさに「ボマー」の本領を発揮した自爆作。筒井康隆を知る者ならば、彼がもはや己の創作スタイルとして自作を「壊す」ことを受け入れていることだろう。それは賛否を呼び、個人的にも雑とも思えるエンディングに直結するので否定したいところだが、……まあ、スタイルと主張するならば仕方がない。前作「七瀬ふたたび」にて絶望的な幕が下りたにも関わらず、本作の火田七瀬はそんなことは無かったこととして、これまたいつの間にか年齢を重ね、学校の事務員として平穏に日常生活を営んでいる。そんな日々に突如として起こる「不可解」、そして、それを追ううちに唐突に芽生えた「恋」―――シリーズを通して他人の醜い心を覗いてきた七瀬が本作では淫らで浅ましい、それこそ自己嫌悪に陥る想いを抱く。また、随所に心理学の知識が挿し込まれるのが特徴で、それは時にくどくも映るが、実は表題を成立させるため―――この支持高いシリーズに相応しい幕を下ろすため、途絶えたはずの前作と結びつけ、壮大に「壊す」ための仕掛けなのだから、読み手は目を瞑る他ない。そんな「どうにもならない」ストーリー展開を象徴する場面もまた、僕らの火田七瀬がついに……!の場面なのだから筒井康隆も罪深い。思わず唖然とするその喪失場面は、しかし、意外なまでに嫌悪感が湧かないのが素晴らしい。筒井康隆イスムが貫かれた一作。文章は視覚に訴える試みがあるが、まあ、取り立てて注目すべきところでもない。それよりも、七瀬三部作はとにかく「壊し方」に注目して欲しいシリーズ。本作のラストもラスト、火田七瀬自身に作中世界を「否定」させるなんて流石です。

新潮文庫:エディプスの恋人/筒井康隆 (1977)

category: た行の作家

tag: OPEN 70点 筒井康隆 七瀬三部作

[edit]

page top

« 角川文庫:氷菓/米澤穂信  |  新潮文庫:七瀬ふたたび/筒井康隆 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/809-d1f04d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top