ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

jupiter/BUMP OF CHICKEN (2002)

jupiter.jpg
1. Stage Of The Ground
2. 天体観測
3. Title Of Mine
4. キャッチボール
5. ハルジオン
6. ベンチとコーヒー
7. メロディーフラッグ
8. ベル
9. ダイヤモンド
10. ダンデライオン

Price Check.――― ¥ 150

メジャー移籍後、初のアルバムであり、インディーズでリリースした前二作と比して音質の向上が著しい3rdアルバム。ミリオンこそ達成しなかったものの、息長くセールスを伸ばし続けたシングル②で開拓した新規のファンからすれば待ちに待たされた、まさに待望のアルバムながら、そんな彼らの期待に応え切れなかった、というのが正味な話で、シングルと「その他」と一括りに出来てしまう曲それぞれのクオリティーのバラつきが悪目立つ仕上がりとなっている。インディーズ時代からのファンからすれば、前二作で見られた歌詞の特色が薄まり、……セルアウト!の烙印を押した人も多かった記憶がある。もっとも、個人的にはセルアウトというよりも、メジャーレーベルへの移籍に気負って凝った曲を作ってきたという印象が強い。①なんてヴォーカルパートを無視して作ったとしか思えん……誰が喜ぶんだ、こんな曲?そんな中、シングル曲以外で耳を惹くのはラストを任された⑩だろう。新旧のファンの溜飲を下げる表題を絡めたファンタジーな香りをまとう歌詞で、カントリー調のアレンジも光る。バンドの実質の代表曲となっている⑨、②の両シングルの後ということで、埋もれてしまった感のあるシングル⑤はギターソングならぬベースソング。ギターに支えられ、曲の主役としてVo.のように「歌っている」。

jupiter/BUMP OF CHICKEN (2002)
Pick Up!/#.2 天体観測
飽和するヴィジュアル系バンドを死に追いやったのはHip-Hop、それに類するミクスチャー・バンドだったが、その死人に鞭を打ったのがインディーズ・パンク……ならば、そこからシーンより完全に浄化せしめたのはこのBUMP OF CHICKENだろう。いわゆる<格好良い>とは違うベクトルからやってきたこのバンド、ラジオ、テレビと移り変わるメディアを基準に考えれば、ネット世代を代表する初めてのバンドと言っても過言ではないと思う。コンクリートジャングルで育ったカントリーボーイ・藤原基央の紡ぐ歌詞はどれも現代文化に影響されたもので、それらは本作を前に作曲された、1stアルバム収録「アルエ(綾波レイへの想いを綴った変態ソング)」、2ndアルバム収録「K(聖騎士爆誕)」といった初期作品に顕著だ。これらの曲はアスキーアート他、爆発的に普及していたYoutubeなどで映像化されて評判を呼び、現在の確固たるファンベースを築くことに貢献した。さりとて、バンドの知名度を飛躍的に高めたのは、本作に疑いの余地は無い。多重録音によるイントロがフェードインしてくれば、イメージそのまま、まさに流れ星―――未だ楽曲としての質はこの曲を超えるモノは創れていないのではないだろうか?というくらいに、耐性のあるギターワークが印象的だ。事実、インディーズ時代からのファンは総じて本作を「バンプらしくない!」と突如雪崩れ込んで来た新規ファンを邪険に扱う売り文句にしたように、非常に「凝って」いる。メインのリフにしろ、何にしろ、それまでの勢いに任せた一発録り的、ガレージロックにストーリーを附けることで、下手だけど「何か(・∀・)イイ!」と誤魔化していた金太郎飴的楽曲群とは明らかに一線を画している。流れ星のリフは世界で通用する名リフだと思うが、個人的には3:20秒前後の唐突な掻き毟りっぷりもセンス良過ぎて失禁モノだ。本作のリリースされた2001年は、秋にしし座流星群が到来。深夜、友人たちと連れ立って河川敷に出掛ければ、そこでさらに違うグループとも合流、そうして、周りを見渡せば大人も子ども夜更かしをして、空を見上げながら願い事かけ放題の幻想的な夜だったことも記憶に深い。再生ボタンを押し、フェードインしてくるイントロは私にとって高校時代のその夜を連れて来てくれる、そんな流れ星の音でもある。

category: A-G

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« ユグドラシル/BUMP OF CHICKEN (2004)  |  THE LIVING DEAD/BUMP OF CHICKEN (2000) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/819-5b4364d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top