ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

ユグドラシル/BUMP OF CHICKEN (2004)

ユグドラシル
1. asgard
2. オンリー ロンリー グローリー
3. 乗車権
4. ギルド
5. embrace
6. sailing day
7. 同じドアをくぐれたら
8. 車輪の唄
9. スノースマイル
10. レム
11. fire sign
12. 太陽
13. ロストマン
14. midgard

Price Check.――― ¥ 100

ちょうど中古書店でアルバイトしていたので、その当時の思い出を語らせて貰えば、……まあ、よく「買い取った」。それで店頭に出したら出したで、「買われていった」。出入りの激しいアルバム、というのが本作に対する私の印象で、いざ聴いてみても、新鮮味を感じない曲調に(……こりゃ、売られるわ)と納得した覚えがある。改めて聴き直してみても感想は特に変わらず。初のシングルチャート1位を獲得した②、映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌となった⑥、藤原基央(Vo.&G.)のソロシングルと言いたくなる⑧あたりは、過去のアルバムのどこに入っていても違和感の無い曲の典型に挙げられるだろう。そういう視点で語ってみるならば、本作中でギラリと輝くのは③で、若りし頃の浅井健一を彷彿させる切迫感に藤原基央のヴォーカリストとしての可能性が伺える一曲となっている。しかしながらファンからすれば本作の目玉的楽曲は現在もバンドの最高傑作に挙げられる⑬なのだろう。タイムレスな言葉を選んで綴られた歌詞は成程、全年齢に対応するもので、これは確かにバンドにとって異色の一曲と云える。テクニックに頼らないギターソロも意外なまでに耳に残る。もっとも、バンドに思い入れが無いと響かないのも事実で、その辺りは私にとっての道産子バンドOLDの「song for anarchy」と解釈した。梶井基次郎的マインドがよく描写されてると思うんだが、反応良くないので驚いた。本作の表題「ユグドラシル」とはいつぞやの一曲同様に北欧神話から拝借したもの。それに合わせてか、アルバムのイントロ(①)&アウトロ(⑭)を取って付けたように配置しているが、これは(本当の意味で)自己満足以外の何物でもないな……。

ユグドラシル/BUMP OF CHICKEN (2004)

category: A-G

tag: MUSIC 100円

[edit]

page top

« orbital period/BUMP OF CHICKEN (2007)  |  jupiter/BUMP OF CHICKEN (2002) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/820-f865fec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top